水位が下がる原因と対処法!封水低い=トイレつまりのサイン?

トイレの水位が下がる原因と対処法!封水低い=トイレつまりのサイン?
2021/08/27
2024/05/14

本記事では、トイレの水位が下がる原因と対処法を紹介します。

便器内に溜まっている封水が低いと、トイレつまりを引き起こしているサインかもしれません。

トイレつまりを放置すると、思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

今回は水位が下がったとき、最初にやるべきことやトラブル対処時の注意点などもまとめました。

トイレの水位が下がってしまってお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

トイレ封水の水位が下がる?最初にやるべきこと

トイレ封水の水位が下がる?最初にやるべきこと

トイレのレバーを回してすぐに水位が戻るなら心配ありません。

しかし、トイレつまりや水漏れが原因となると大がかりな修理が必要にもなることもあるので、早めに対処することが必要です。

解消法を試す前に最初にやるべきことをご紹介します。

 

止水栓を閉める

まずはトイレの止水栓を閉めましょう

排水管の水漏れが起きている可能性もありますし、トイレバーを回して水を流すとトイレつまりの場合に急に逆流が起こることもあります。

止水栓を閉めることで被害を最小限に抑えることができます。

 

目視でトイレつまりなどがないか確認

目視でトイレを確認しましょう。

トイレつまりがないか、便器のひび割れがないかなどをよく確認してみてください。

トイレつまりが封水の浅い部分に見えるなら、トイレブラシやワイヤーブラシ、火ばさみなどでひっかけて取り出してもいいでしょう

 

バケツから水を流して様子を見る

少しだけバケツの水を流してみて水位が下がる様子を確認しましょう。

下がった水位がそのまま変化がないようなら、誘因現象や蒸発現象が原因だった可能性があります。

ここでレバーを回して水は流さないようにしてください

トイレつまりが原因だった場合、急に水位が上がり水が逆流することがあります。

トイレつまりが原因の場合でも、つまっているものがトイレットペーパーや排泄物であれば、時間が経過することで水に溶け、トイレつまりが解消することもあります。

 

上がって下がるときはトイレつまりかも

「トイレ内の水が一度は上がるが、しばらくするとスーっと引いて行く」ケースは要注意です。

いずれは水に溶けて流れるトイレットペーパーのつまりなどではなく、便器の奥に異物が混入している可能性があるため、早めの対処が必要です。

例えば、掃除用の汚れ落としスポンジやお子様が持っていたおもちゃなど、無意識に便器内に落としてしまった固形物でトイレがつまる事例は、意外と多いものです。

 

トイレ封水の水位が下がる5大原因と解消法

トイレの排水口の中に溜まっている水は「封水」と言います。

封水には、臭いや害虫の進入を防ぐなど、トイレを衛生的に保つための大切な役割があります

この封水の水位が下がってしまうと、異臭が発生するなど不衛生な環境になってしまうため、早期に解決が必要です。

トイレの水位が下がる原因は、以下の5つです。

  • トイレつまり・毛細血管現象が起きている
  • 排水管で水漏れが起きている
  • 便器の破損・タンクが故障している
  • 誘引現象が起きている
  • 蒸発現象が起きている

 

それぞれの原因ごとに解消法をセクションの最後に紹介しますので、そちらも参考にしてください。

 

トイレつまり・毛細血管現象が起きている

トイレつまり・毛細血管現象が起きている

大量のトイレットペーパーを一気に流すことでトイレつまりが発生することがあります。

トイレつまりというと、水位が上がってくるイメージが強いでしょう。

しかし、トイレットペーパーやトイレシート、髪の毛などの固形物以外のものが原因でトイレつまりが起こりかけているときには、少し水位が上がった後、徐々に水位が下がる現象が起きます

この現象は「毛細管現象」と言って、排水管の異物の繊維や隙間が封水を吸収することで起こります。

毛細管現象は特に、節水トイレを使っているときや、トイレタンクに工夫をして節水をしているときに起こりやすい現象です。

水位が下がる原因はトイレつまりの初期症状だとも言えるのです。

 

解消法:トイレつまりを解消する

初期のトイレつまりなら自分で解消することも可能です。

ラバーカップを使って異物を取り除く方法が一般的ですが、つまりの原因によってはいろいろ試すことでトイレつまりが悪化することも。

自分で対処して解消しない場合や悪化したトイレつまりの場合は、水道修理業者に修理を依頼してください。

自分でできるトイレつまり解消法を確認したい方はこちら!

 

排水管で水漏れが起きている

トイレつまりは起きていなくても排水管で水漏れが起きている場合には、水位が下がることがあります

トイレの排水管は、トイレ内から屋外の下水道までつながっています。

自分の目視での確認は難しいので、排水管からの水漏れが進行した状態でわかることが多いです。

 

解消法:水道修理業者を呼ぶ

排水管での水漏れは業者を呼ぶしかありません。

便器の床の境目から水が漏れている場合は特に、排水管からの水漏れの可能性が高いでしょう。

汚水が漏れているということは、衛生的にも良くありません。放置すると床が腐食して総張り替えが必要になるどころか、消毒作業が必要になることもあります。

臭いの問題もあるため、早めに水道修理業者を呼んでください。

 

便器の破損・タンクが故障している

あまり多くはありませんが、便器の破損が水位が下がる原因になっていることがあります

便器の破損も奥の方でひび割れなどが起きている場合には、目視で確認することが難しくなります。

トイレタンクが故障していることも水位が下がる原因の1つです。

トイレのタンクを開けてみて明らかな故障がある場合には、すぐに対処が必要です。

 

解消法:水道修理業者を呼ぶ

タンク内の部品はホームセンターなどで購入することができるものの、どの部品が壊れているのか、はたまた接触不良なのかを判断するのは素人には難しいことです。

下手にいじると余計に壊れてしまい、修理代金がかさむこともあるため、必ず水道修理業者を呼んでください

また、トイレタンクにペットボトルなどを入れて節水している際は、そのせいで流水不足になって封水切れが起きている可能性があります。

この場合は、ペットボトルなどを取り除いてください。

 

誘導サイホン作用(誘引現象)が起きている

誘導サイホン作用(誘引現象)が起きている

マンションやアパートなどの集合住宅ではトイレの排水管がつながっているため、誘導サイホン作用(誘引現象)が起きることがあります。

誘導サイホン作用(誘引現象)は、排水管内の空気圧が変化することで起こります。

階上で大量にトイレを流すことで、圧力が変化し階上のトイレの水を引っ張ってしまうことが水位が下がる原因となります。

また近くで工事が行われている、天候などによっても誘引現象が起こることがあります。 

 

解消法:バケツで水を流す

水を流すことで封水を作り出してみましょう。

バケツで水を流す、レバーを回して水を流してみてください。消すれば問題ありません。

マンションで水位が下がる現象が起きたときの原因や対応方法を確認する方はこちら!

 

蒸発現象が起きている

数日であれば問題ありませんが、数ヶ月旅行や出張などで家を空けていたり、長く使われなかったりすることが、水位が下がる原因になることがあります。

封水は、特に何もしなくても1日約1mmずつ蒸発すると言われています。

特に夏場は蒸発のスピードが速くなるので、蒸発現象での水位が下がることにつながります。 

 

解消法:バケツで水を流す

一時的に水が減っているだけなので、水を流せば問題は解決します。

長期間不在にする際は、コップで水を足しておくか、封水蒸発防止剤を使うと予防ができます。

また、構造的な問題で蒸発現象が起きやすいなら、水道修理業者に依頼する方法もあります。

 

マンションのトイレで水位が下がる原因・対応方法

マンションのトイレで水位が下がる原因・対応方法

マンションのトイレの水位低下について、以下に主な原因と対策を記載しました。

マンションのような集合住宅では、トイレの水位が下がる現象が起きやすいとされています。

マンションやアパートの上の階でも下の階でも起こりうるトラブルのため、特に賃貸物件に住んでいる場合には、その対処法を把握しておくと安心です。

 

もっとも多い原因は「誘導サイホン作用(誘引現象)」

マンションのような集合住宅での水位の低下は、排水管がすべて繋がっていることによる誘導サイホン作用(誘引現象)が起きていることが一番多いです。

比較的、住人が一斉にトイレやお風呂・キッチンなどを使用して一度に排水量が増える、朝や帰宅時のタイミングで起きやすい傾向があります。

その時間帯に繰り返しトイレの水位が下がってしまうのであれば、あらかじめ水を足しておくか、水を流して誘導サイホン作用(誘引現象)を解消する対処法がもっとも有効です。

この場合、もう一度水を流してしまえば改善されるので一時的なトラブルのひとつとして頭に留めておくと良いでしょう。

もちろん、トイレつまりの可能性もあります。

きちんと原因を見極めることが重要です。

 

水を流して水位をチェック

水を流した際に、水位をチェックする習慣をつけると、すぐに異変に気付けます。

トイレには正常な水位があります。

その水位よりも高すぎても低すぎてもトラブルになる可能性があるので、いつもの正常な水位の目安を確認するようにしてください。

洋式トイレの水位の目安は、便座下の中央がくぼんでいるところを覆う程度の水位が正常な水量です。

水を流してみた時に、便器の半分近く水位が高くなってしまっていたり、くぼみよりもずっと下に水位があったりする場合は注意が必要です。

 

再度水位が下がるなら管理会社に相談

自分自身で水を足したり流したりしても、再度水位が下がってしまう場合は、管理会社に相談してください。

誘引現象で引き起こされる、トイレの水位の低下は共用部の設備である排水管を改修する必要があり、住人が個別に修理を依頼することはできません

マンションの排水管自体を交換するのは、かなり大規模な工事になります。

排水管まわりの修理は漏水の危険性が有り、全戸の理解がないと行えない側面もあるため、同じような悩みを抱えている住民の声がある場合は、管理組合での相談が必要となります。

トイレ自体のつまりが原因の場合は、管理会社から水道修理業者への橋渡しをしてくれるケースが多いので、その場合もまずは連絡するようにしましょう。

マンションのトイレでの水位が下がる原因や対処法について詳しく確認したい方はこちら!

 

水位が下がる原因!トイレつまりの対処法

ここからは自宅にあるものを使ったトイレつまり解消法を7つご紹介します。

自宅にあるものを使って、トイレつまりを解消する方法ですが、無理は禁物です。

トイレつまりが悪化することもあるため、注意点も確認して試してみてください。

 

ぬるま湯を流してみる

ぬるま湯を流してみる

トイレつまりの原因が大量のトイレットペーパーや排泄物の場合は、水に溶けるのに時間がかかります。

バケツからぬるま湯を少しずつ流して確認しましょう。ただし、早く溶けるようにと熱湯を流すのは禁物です。

便器が壊れる可能性があるので、流すのはぬるま湯にしてください。

 

ラバーカップを使う

ラバーカップを使う

自己解決方法としてラバーカップを使う方法もあります。

ラバーカップはおよそ100円から1000円ほどで販売されています。

ラバーカップで押し出される・吸い出す圧力を利用して、物理的にトイレつまりを解消します

しかしラバーカップを使っての解消法は、便器が壊れる原因にもなりえます

また水位が下がる原因が水漏れだった場合には被害が拡大することもあるためあまりおすすめできません。

特に賃貸物件の場合には、管理会社や近所とのトラブルに発展することもあります。

 

ラバーカップを使ったトイレつまり解消法を詳しく知りたい方はこちらもおすすめです。

 

針金ハンガーを使う

針金ハンガーを使う

クリーニングなどで無料でついてきた針金ハンガーを使うことでトイレつまりを解消する方法もあります。

針金ハンガーの先端を輪になるように加工します。

輪の部分を封水の奥に入れ、つまりの部分で小刻みに動かし続けることで原因となっているものをバラバラにします。

激しく動かしすぎると、トイレの内側に細かい傷がついてしまいます

便器の傷は、汚れがたまりやすくなるだけでなく、便器が割れてしまうこともありますので注意してください。

掃除の際に衛生面が気になる場合は、手袋を着用しましょう。

 

針金ハンガーを使ったトイレつまり解消法を詳しく知りたい方はこちらもおすすめです。

 

食器用洗剤を使う

食器用洗剤を使う

お皿を洗うときに使う、食器用洗剤を使ってトイレつまりを解消する方法もあります。

食器用洗剤は中性であることが多く、人間にも害が少ないのが特徴です。

 

食器用洗剤100mlを封水部分に流し込みます。

その後、40℃~60℃のお湯をゆっくり注ぎ込みます。

ここでのポイントは、使うお湯が40℃~60℃であることです。

熱湯を便器に入れると、熱で便器のヒビ割れにつながるので注意が必要です。

食器用洗剤の他にも洗剤を使うトイレつまり解消法もあります。

洗剤を使ったトイレつまり解消法を詳しく知りたい方はこちらもおすすめです。

 

ペットボトルを使う

ペットボトルを使う

飲み終わった後のペットボトルを使ってトイレつまりを解消する方法もあります。

ラバーカップと同じく、押す、引くを繰り返し行うことで、圧力の差がうまれ、トイレつまりを解消します。

ラバーカップより効果が劣りますが、ラバーカップが自宅にない場合はペットボトルなどの身近な道具が役立ちます。

 

手順としては、まずペットボトルの底から4cmほどの位置をカッターやハサミで切り取ります。

ペットボトルを加工するときには、切り取ったペットボトルの縁でケガをしないように注意しましょう

このとき、キャップは外しておくようにします。

ペットボトルの上部で、トイレの封水部分を覆い、押し込む、引き出すを数回繰り返します。

 

ペットボトルを使ったトイレつまり解消法を詳しく知りたい方はこちらもおすすめです。

 

トイレの水位が下がるトラブル対処法の注意点

トイレの水位が下がるトラブル対処法の注意点

トイレの水位が下がるトラブルが起きた際は、さまざまな点に注意しながら対処しなければなりません。特に、以下の点に注意しましょう。

  • 原因特定を優先する
  • 無理に自分で対処しない
  • 集合住宅での修理はまず管理会社に依頼する

それぞれの内容を詳しく解説します。

 

原因特定を優先する

トイレの水位が下がる場合は、最初に原因特定を行ないます。

原因特定を優先する理由は、正しい対処をするためです。

原因が分からないままでは、スムーズな対処はできません。

適切な方法で水位を戻すためにも、必ず原因の特定を優先してください。

例えば、誘導サイホン作用であれば水を流すと解決しますが、トイレの内部でつまりが起きている場合は逆効果となるケースがあります。

このように、原因を特定せずに対処を行うと、事態を悪化させる可能性があり、非常に危険です。

 

無理に自分で対処しない

トイレの水位が頻繁に下がるような場合は、無理に自分で対処しないことも大切です。

もちろん、誘導サイホン作用や軽いつまりが原因で水位が下がっているような場合は、自分で対処することもできます。

しかし、対処法を試しても直らないにも関わらず、何度も無理に流したり、修理しようとしたりすると状態が悪化し、余計な修理費用が発生することがあります。

また、悪化した場合は完全にトイレが使えなくなることもあり、非常に不便です。

集合住宅の場合は下の部屋、一軒家の場合は廊下などに被害が及ぶリスクもあります。

簡単な作業であれば、業者に依頼しても安く済むケースもあるため、酷くなる前に相談するのがおすすめです。

 

集合住宅での修理はまず管理会社に依頼する

一軒家の場合は、自分で判断して修理しても問題ありませんが、集合住宅の場合は必ず管理会社に連絡してください。

トイレの修理については、共用部分を直さなければならないケースがあり、自己判断で修理すると思わぬトラブルにつながることがあります。

また、修理費用に関しても管理会社が負担する場合もあり、事前の相談が必要です。

まずは管理会社にトイレに不具合があるを伝え、どのように対処すれば良いか聞きましょう。

 

トイレの水位が下がるのは危険のサイン

トイレの水位が下がるのは危険のサイン

次は、トイレの水位が下がることでどんなことが問題になるのかご紹介します。

水位が下がる原因によっては、大掛かりな修理が必要になることもあるため、日頃から注意して確認しておくことが必要です。

 

トイレの悪臭が上ってくる

トイレの封水は、トイレに流したものの悪臭が上がってくるのを防ぐ蓋の役割があります。

封水の水位が下がることで、悪臭の蓋の役割が十分ではなくなってしまいます。

水位が下がり続けて全く封水がなくなってしまうと、かなりの悪臭となるのでおそらく気づかない人はいないでしょう。

 

害虫が発生する

トイレの水位が下がると、悪臭によってくるハエやゴキブリなどの害虫が発生することもあります

ハエやゴキブリがいるのは、不快な思いをするだけではありません。

トイレにいるハエは「チョウバエ」と呼ばれるハエで、雑菌の塊でもあります。

ゴキブリについても同様で、食中毒などの健康被害が出る可能性もあります。

 

トイレが流れなくなる

水位が下がる原因がトイレつまりだった場合には、トイレが流れなくなってしまうのも問題です。

水位が下がったときに気づいて対処できればいいのですが、トイレつまりが進行すると、無理に流そうとすることで水や汚物が逆流することもあり得ます。

 

近所に迷惑をかける

トイレつまりや排水管の水漏れが原因で水位が下がっていた場合、トイレから流れた水が階下の住民に被害を及ぼすことも考えられます

階下に漏れた水が原因で、損害賠償にまで発展したケースも存在します。

特に階下が店舗だった場合には、損害賠償も高額になり責任が問われますので注意が必要です。

 

トイレつまりで水位が下がるなら業者に依頼するのがベスト

トイレつまりで水位が下がるなら業者に依頼するのがベスト

自分で水位が下がる原因が簡単にわかり、解決までいたった場合には問題ありません。

しかし、水位が下がる原因がトイレつまりや水漏れなどだった場合には被害を最小限にするためにも業者に依頼するのがベストです。

トイレの水位が下がるときに水道修理業者に依頼するメリットを見ていきましょう。

 

水漏れなど他の原因にも対処できる

トイレの水位が下がる原因が水漏れなど他の原因だった場合には、自分での対処は困難を極めます

トイレつまりが原因であっても「どこで」「なにが」つまっているのかわからない場合も多いです。

水道修理業者なら原因問わず素早く対処できるという点で大きなメリットがあります

 

トイレつまりの原因がわからなくても対処できる

トイレつまりが水位が下がる原因の場合でも、何がつまっているのかで解消法は異なります。

おむつや生理用品など水に溶けない異物がトイレつまりの原因になっている場合には、自分での対処は難しいでしょう。

何がつまっていても、水道修理業者のプロの目なら何がトイレつまりの原因かをすぐに判断できます

 

軽度のトイレつまりの段階で解決できる

ラバーカップなどで自己解決できることもありますが、便器の破損などにつながる恐れもあります。

軽度のトイレつまりであったとしても水道修理業者なら、便器などに影響せず適切な対処を行うことができます

被害を拡大しないためにも水道修理業者に依頼することをおすすめします。

 

専用の薬剤や器具で早期解決できる

専用の薬剤や器具で早期解決できることも水道修理業者に依頼することのメリットです。

ひどいトイレつまりには高圧ポンプやローポンプ、尿石溶解剤、配管洗浄消臭剤などが使われます。

また排水管からの水漏れにも対処できるので、どんなトイレのトラブルにも対処できるのがメリットです。

 

結果的に安く解決できる

水道修理業者に依頼するのは、料金が高くなるので避けたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、自己解決できず、トラブルが悪化してしまってはさらに高額の料金になる可能性もあります。

早い段階で水道修理業者に依頼することで、被害の広がることを防ぎ、結果的に安く解決できることも多くあるのです

 

24時間対応の格安で安心の水道局指定工事店5選はこちらです。

 

水位が下がる・トイレつまり修理の料金相場

トイレつまり修理の料金相場

トイレつまりが発生してしまった場合に、業者への依頼を検討される場合は、以下の費用相場を参考にしてください。

水道修理業者のホームページには、それぞれのアピールポイントが記載されています。

年中無休で対応してくれるとことや、深夜や早朝でも料金に変動がない業者が実績を上げている傾向にあります。

業者の良し悪しを検討するために、複数社の見積りを行うと比較しやすいでしょう。

また、つまりの程度や作業にかかる時間と修理費用は、大きく比例します。

軽度だからといって放置し、その結果重度のトラブルを引き起こしてしまうと、その分修理費用もかさんでしまうのです。

WEB割引や早期割引を設定している業者もあるので、不調を感じた時点で早めにトイレつまり修理業者に相談することも、費用を抑えるポイントです。

 

トイレつまり解消作業料金

トイレつまり解消を水道修理業者に依頼する場合、作業内容と費用の相場をまとめました。

水道修理業者は数多く存在するため、複数の業者から見積もりをもらい、比較検討することが重要です。

あいまいな作業内容が記載されていないか、作業後に追加料金が発生する可能性はないか、事前にしっかりと確認しましょう。

トイレつまり修理内容 作業代相場
軽度のトイレつまり解消作業 5,000円~
専用器具を使ったトイレつまり解消作業 7,000円~
便器を取り外したトイレつまり解消作業 10,000円~30,000円
配管の清掃作業 7,000円~15,000円

 

修理業者依頼の諸経費

修理を依頼する際には、作業代に加えて、諸経費や部品代がかかります

一般的な名称と共に、詳細をまとめました。

見積もり時に、不明点は確認すると良いでしょう。

見積り料金や出張費を含んだ価格提示をしている業者を選ぶのもおすすめです。

諸経費名称 料金相場
基本料金 2,000円~4,000円
出張費 0~4,000円
見積り料金 無料のことが多い
時間外料金(深夜料金) 3000円~10,000円
部品代 部品により異なる
処分費 3,000円〜10,000円

 

トイレつまり修理を業者に依頼するときのポイント

トイレつまり修理を業者に依頼するときのポイント

トイレつまりなどのトラブル時に、修理を業者に依頼する際のポイントを説明します。

トイレつまりに対応すると謳っている水道修理業者は、数多く存在します。

優良業者であるかどうかは、事前の問い合わせ時の対応や見積もりの項目で判断できますので、焦る気持ちを抑え、事前にきちんと確認しましょう。

各種ある水まわりの修理も、業者によって得意な実績が違うため、口コミなどもきちんとチェックすると安心です。

 

賃貸物件なら業者に直接依頼しない

賃貸物件でのトイレつまり修理は、まず最初に管理会社に連絡を取りましょう。

掃除をあまりにも怠っていた、などの故意の原因ではなく設備不良が原因の場合は、大家さんが修理代金を負担することが一般的です。

管理会社が間に入っている場合は、大家さんとの連絡や業者手配などを対応してくれるところがほとんどです。

物件を管理している立場上、提携している専門業者に依頼するケースも多いため、自分で業者選びなどを行う手間も省けます。

突然のトラブルに慌てて自力で対応してしまうと、自身の過失と思われてしまい、費用負担をせまられてしまう場合もあるため、必ず管理会社へ連絡するようにしてください。

 

水道局指定工事を選ぶ

都道府県や各市区町村の水道局より認定を受けた工事店を「水道局指定工事店」といいます。

国が定めた基準に従って正しく施工できることを認められて、非認定業者にはできない工事も任せられている工事店です。

国家資格保持者による管理・監督がされていることから、一定の技術レベルが保証されているので安心です。

数ある水道修理業者から選ぶことが難しい場合は、「水道局指定工事店」か否かを確認すると良いでしょう。

 

水道局指定工事店の業者一覧は、こちらの記事からも確認いただけます。

 

見積り金額と料金相場と比較する

目星の付けた業者から見積もりを出してもらったら、その時点で料金相場と大きく相違がないかを確認してください。

各項目で、不明瞭な請求が発生しないかを事前にチェックするべきです。

作業後の追加料金が発生しないかどうかも、大切なポイントです。

根本的な原因はなにか、それに対する修理方法はなにか、他の箇所への影響はないか、など、作業詳細を丁寧に回答してくれる業者を選び、納得のいく請求額を確かめてから実際の修理を依頼するようにしてください。

 

費用相場よりも安い価格で安心して任せられる業者は、こちらの記事からも紹介しています。

 

トイレつまりを防ぐ!水位が下がる現象は放置しない!

トイレつまりを防ぐ!水位が下がる現象は放置しない!https://minsui-center.com/

トイレの水位が下がるのを発見したら「長時間放置しない」のが鉄則です。

水位が下がる現象が起きたときには水道修理業者にすぐに連絡することが、最も安全で早い解決方法だと言えます。

水道修理業者の中でも「みんなの生活水道修理センター」なら、気になる料金も格安です。

トイレつまり、排水管の水漏れにも迅速に対処しています。

今ならWEB割引で基本料金が2,000円OFFになるうれしいキャンペーンも実施しています。

トイレの水位が下がっていることに気づいたらまずは「みんなの生活水道修理センター」にお問い合わせください。

24時間365日対応、出張お見積り無料ですので安心して依頼できます。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積りはこちら!

>>>トイレつまりなど緊急時にはお電話(0120-498-025)でご連絡ください!

FAQ トイレつまりや封水の水位が下がるトラブルについてのよくある質問

  • Q長期間留守にして帰宅したところ、トイレの水位が下がっていました。トイレの故障でしょうか。

    長期間トイレを使わないことで、誘因現象や蒸発現象が起きた可能性があります。
    誘因現象は、マンションやアパートなど集合住宅で下のフロアの住民がトイレを使ったときに封水を引っ張ってしまい、水位が下がる現象です。
    近隣で工事が行われているときや天候によっても水圧が変化し、誘因現象を起こすことがあります。
    長期間トイレを使わなかったことで蒸発現象が起きた可能性もあります。
    特に夏場は気温が高くなるため、蒸発現象が起きやすくなります。

    誘因現象や蒸発現象だった場合には、水を少しずつ流して水位がもとに戻るか確認してください。
    水位がもとにもどればトイレの故障ではないので安心してください。

  • Qトイレの封水の水位が下がっています。放置しても問題ないですか?

    トイレの封水の役目は「悪臭が上ってこないようにすること」です。
    つまり、臭いのフタになっているのです。

    封水の水位が下がると以下のような問題が起きることもあります。

    ・悪臭が上ってくる
    ・害虫が発生する
    ・トイレつまりで流れなくなる
    ・近所に迷惑がかかる

    トイレの封水は、トイレを衛生的に保つために重要な水です。
    トイレつまりの前兆でもあるため、放置しないようにしてください。

  • Q封水の水位が下がっています。まず最初にやるべきことは何ですか?

    封水の水位が下がる原因はいくつかあります。
    誘因現象や蒸発現象が原因だと明らかなときには、レバーを回して水を流しても問題ありません。
    しかし、原因が分からないときには最悪の事態を考えて対処する必要があります。

    まずはトイレの脇に「止水栓」があります。
    止水栓をマイナスドライバーで閉めて、これ以上の水が流れ込まない状態にしてください。
    次に目視でトイレつまりがないかを確認します。
    トイレつまりだと判断した場合には、早急に対処しましょう。
    次にバケツに水を汲み、少しずつ流して様子を見ます。
    トイレつまりの原因がトイレットペーパーや排泄物だった場合は、時間の経過で解消することもあります。

    しかし、水を流し入れても水位が下がる場合には、トイレつまりが起きていると判断できます。
    自宅にあるものでつまりを解消できないか試すこともできますが、悪化する場合もあるため、無理せず水道修理業者を呼ぶのがおすすめです。

  • Qトイレの水位が下がっているときは使用しない方が良いですか?

    トイレの水位が下がった状態で使用しても良いかどうかは、原因によって異なります。
    例えば、誘導サイホン作用が原因で水位が下がっているだけであれば、そのまま使用しても特に問題はありません。

    しかし、トイレつまりが原因の場合は使用しない方が良いと考えられます。
    無理に流そうとすることで悪化したり、水が溢れだしたりする可能性があるためです。

    まずは原因を特定し、それから対処法を考えましょう。

  • Qトイレの水位が下がっているだけで業者に相談することはできますか?

    はい、もちろん相談可能です。
    トイレの水位が下がっている、封水が低いなどと相談をすれば、早急に原因を突き止めた上で対処してくれます。

    まずは相談したいと考えている場合は、出張・見積もり・キャンセル料が無料の業者がおすすめです。
    あらかじめ費用を把握でき、安心して依頼できます。

    水道修理業者は数多く存在するので、キャンペーンの有無などを確認しながら、自分が信頼できる業者に相談しましょう。

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/