トイレつまりなどの急な水道トラブルはみんなの生活水道修理センターへ!

トイレの水位が低い時のお湯を使う解消法!効果や直し方の手順・注意点

トイレの水位が低い時のお湯を使った解消方法!効果や直し方の手順、注意点を解説
2024/07/10

本記事では、トイレの水位が低い時にお湯を使って解消する方法を解説します。

お湯を使う際の効果や正しい手順、注意点などを詳しく紹介。トイレつまりが原因の水位低下にお湯がどのように効くのかも説明しています。お湯を使ったトイレの水位低下解消法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

トイレの水位が低い原因はトイレつまり?

トイレの水位が低い原因はトイレつまり?

トイレの水位が低くなるのには、いくつか原因があります。原因によってはお湯を使っても思うような効果が得られないこともあるため、確認や注意が必要です。

まずは水位が低くなる原因について、軽く触れておきましょう。

トイレつまりで水位が低くなる理由

トイレがつまると便器内の水位が通常よりも低くなってしまうことがあります。これにはいくつか理由があります。

つまりにより排水管内で負圧が発生するため

トイレがつまると、排水管内の気圧が外部より低い状態(負圧)が発生することがあります。この負圧により、便器内の封水が吸い込まれて水位が下がります。

つまりにより水の流れが悪くなるため

トイレットペーパーや異物がつまることで、水の通り道が狭くなり、排水がスムーズにできなくなります。これにより、一度水位が上がった後に下がる現象が起こります。

つまりの原因物により封水が吸収されてしまうため

トイレットペーパーなどが便器の奥にひっかかっていると、本来便器の底にたまるはずの封水を吸収してしまい、水位が下がることがあります。一度に大量に流した時などにも、こうした現象が起こりやすくなります。

トイレつまり以外で水位が下がる原因

トイレつまり以外の原因でトイレの水位が下がってしまうこともあります。たとえば以下のような原因です。

  • 蒸発による水位低下(封水の蒸発)
  • 集合住宅での誘引現象(サイホン作用)による水位低下
  • 便器の破損による水漏れ

便器内の水の蒸発による水位低下は、長時間トイレを使用しない状態が続くことで起こります。この場合、水洗レバーを回して水を満たしてあげれば問題は解決します。

またマンションなどの集合住宅では、誘導サイフォンという現象により、水位の低下がおこる場合もあります。排水管内の気圧が一時的に低下し、下階のトイレの封水が吸い込まれることで水位が下がる原理です。この現象は最上階以外の部屋で起こりやすく一時的なものですが、排水管の汚れで頻発する可能性があるため管理会社へ調査してもらう必要があります。

また滅多にあることではありませんが、便器や便器奥の排水管に亀裂や破損が起こることで、便器内に水をためておくことができず、水位が低くなってしまうケースもあります。ただしこの場合は、水位の低下というよりは水が完全に抜けてしまう形となるため、状況は大きく異なります。

トイレつまり以外の水位が低くなる原因や対処法を知りたい方はこちら!

お湯を使ったトイレつまり解消法の効果と仕組み

お湯を使ったトイレつまり解消法の効果と仕組み

なぜお湯を使ってつまりが解消できるのでしょうか。その原理や仕組みを簡単に解説します。

お湯がトイレつまりを解消する原理

お湯でトイレつまりを解消できる原理は、主に2つの効果によるものです。

  • お湯の温度で原因物が溶けやすくなる
  • お湯を流し込む際の水圧で原因物がほぐれる・押し流される

1つ目は、お湯の温度による溶解作用です。40〜60℃程度のぬるま湯を使用することで、トイレットペーパーや排泄物などの有機物を柔らかく、溶けやすくします。これにより、つまりの原因となっている物質が分解され、排水管を通りやすくなります。

2つ目は、お湯を注ぐ際の物理的な力です。適量のお湯を一気に流す際の水圧により、つまりを押し流す効果があります。この水圧と溶解作用の相乗効果により、つまりを解消しやすくなるのです。

お湯を使う方法が効果的なつまりの種類

トイレつまり解消において、お湯を使った方法が効果的なのは以下のようなつまりの種類です。

  • トイレットペーパーによるつまり
  • 軽度の排泄物のつまり
  • 油脂類によるつまり

トイレットペーパーは水に溶けやすい素材でできているため、お湯の温度によって柔らかくなり、溶けやすくなります。大量のトイレットペーパーがつまっている場合でも、お湯の力で解消できる可能性が高くなります。

排泄物もお湯によって柔らかくなり、排水管を通りやすくなります。特に便秘気味の硬い便によるつまりには効果的です。トイレに流してしまった油や脂肪分は、冷えて固まるとつまりの原因になります。お湯を使うことで、これらの油脂類を溶かし、流れやすくすることができます。

ただし、プラスチックや金属などの異物、大きな固形物によるつまりには効果が低いため、別の方法を検討する必要があります。また、お湯の温度や使用量には十分注意し、適切な方法で行うことが重要です。

お湯を使ってトイレの水位を上げる手順

お湯を使ってトイレの水位を上げる手順

実際にお湯を使ったトイレつまり解消法を、手順を追って解説していきます。

事前準備:必要な道具と作業環境

まずはお湯を使ってたトイレ解消作業の事前準備として、以下の道具と環境を整えましょう。

必要な道具

  • バケツ(5〜10リットル程度)
  • お湯(40℃~60℃以下)
  • 灯油ポンプ
  • ゴム手袋
  • 古タオル
  • 床用雑巾

灯油ポンプは便器内の水を汲みだすために使用します。灯油ポンプがない場合は、プラスチックコップなどで代用可能です。

作業環境

  • 床や壁に水が飛び散らないよう、トイレ周辺に古タオルを敷く
  • 作業スペースを確保し、滑らないよう注意する

これらの準備をすることで、安全かつ効果的に作業を進められます。特に床や壁の養生をし、汚れないよう注意しましょう。

ステップ1:便器内の水を一部取り除く

便器内の水位を下げるために、水の一部を取り除きます。事前に水位を下げておくことで、後で注ぐお湯の効果を最大限に引き出すことができます。

手順

  1. バケツや容器を用意する
  2. 灯油ポンプなどで便器の水を吸い出し、別の容器に移す
  3. 水位が通常の半分程度になるまで繰り返す

便器内の水を少しだけ抜いておくことにより、温度が下がりすぎてしまうのを防ぎます。また水圧を高めるうえでも有効です。ゴム手袋を着用し、衛生面に配慮しながら作業をするとよいでしょう。

封水まで汲みだしてしまうと悪臭がトイレ内へとのぼってきてしまいます。水を完全に抜かないよう注意し、封水を維持するようにしましょう。

ステップ2:適温のお湯をバケツで流し込む

適温のお湯(40〜60℃)をバケツに用意し、便器に流し込みます。

手順

  1. バケツにお湯を入れる(40〜60℃)
  2. 腰の高さからゆっくりと便器に注ぐ
  3. 水位が通常の半分程度になるまで繰り返す

お湯を流しいれるときは「ジャバッ」と入れるのではなく、滝のように高い位置から細く流しいれるのがポイントです。水圧がかかるよう流しいれることで、つまりをほぐして押し流す効果を高められます。

注意点

  • 熱湯は絶対に使用しない(便器破損の恐れあり)
  • お湯を一気に注がず、少しずつ流す
  • 水位が上がりすぎないよう注意する

この作業により、つまりの原因を柔らかくし、水位を適切に調整します。

ステップ3:一定時間放置してつまりの原因物が緩むのを待つ

お湯を注いだ後は、つまりの原因物が緩むのを待ちます。この時間で、お湯の熱と水圧によってつまりの原因物が柔らかくなり、解消しやすくなります。10〜15分程度そのまま放置し、ときどき様子を見て水位の変化を確認しましょう。

あまり長時間放置していても効果に違いはでません。20分以上様子を見て変化がない場合は、もう一度お湯を流しいれてみるか、ほかの解消法を試してみることをおすすめします。

ステップ4:流れを確認し、つまりが解消したか判定

お湯を注いだ後、以下の手順でつまりの解消を確認します。

  1. トイレのレバーを押して通常通り流す
  2. 水の流れを観察し、スムーズに排水されるか確認
  3. 水位が正常に戻るまで待つ

もし水の流れが改善されていれば、つまりは解消されています。水位が低いままや排水が遅い場合は、手順を繰り返すか、より強力な方法を検討しましょう。完全に解消されない場合は、専門家に相談することをおすすめします。

お湯を使ったつまり解消法の注意点

お湯を使ったつまり解消法の注意点

お湯を使ったトイレつまり解消法は、手軽に利用できる方法です。しかしやり方を誤ると、便器や排水管を傷めてしまうこともあるため注意が必要です。

熱すぎるお湯は厳禁!適温は40〜60℃

トイレつまりの解消にお湯を使う際、適切な温度管理が重要です。最適な温度は40〜60℃で、これ以上の熱湯は絶対に使用しないでください。熱湯を使うと、陶器製の便器にひび割れや破損を引き起こす可能性があります。

また、熱すぎるお湯は配管にも悪影響を与える恐れがあります。適温のお湯であれば、つまりの原因となる物質を柔らかくし、流れやすくする効果がありますが、安全性を考慮して60℃を超えないようにしましょう。お風呂のお湯よりもやや熱めくらいが目安となります。

大量のお湯を一気に流さない

トイレつまりの解消にお湯を使う際は、大量のお湯を一気に流すことは避けましょう。急激な温度変化や水圧の上昇により、便器や配管に悪影響を与える可能性があります。また、一度に大量のお湯を使用すると、水位が急激に上昇し、溢れる危険性もあります。

お湯を流しいれる際は、少量ずつゆっくりとお湯を注ぐのがポイントです。高い位置からゆっくりと落とすように入れることで、つまりの原因をじっくりと溶かし、便器や排水管への負担も軽減できます。安全かつ効果的にトイレつまりを解消するためには、少量ずつ慎重にお湯を使用することが重要です。

つまりが解消されない場合の対処法

お湯を使った方法でトイレのつまりを解消でない場合は、以下の対処法を試してみましょう。

ラバーカップ(プランジャー)を使用する

ラバーカップ(プランジャー)を使用する

お湯を使った方法で解消されない場合は、ラバーカップ(プランジャー)を使用してみましょう。ラバーカップは、トイレの排水口に密着させて真空状態を作り出し、つまりを吸引する道具です。使用する際は、まず便器に水を足し、ラバーカップが完全に水に浸かるようにします。

そのままラバーカップを排水口にしっかりと押し当て、静かに押し込んだ後、勢いよく引き上げます。この動作を数回繰り返し、水の流れが改善されるか確認します。ただし、固形物など水に溶けないものがつまっている場合は、ラバーカップの使用を避け、専門業者に相談することをおすすめします。

ワイヤーブラシ(パイプクリーナー)を使用する

ワイヤーブラシ(パイプクリーナー)を使用する

お湯やラバーカップで解消されないつまりには、ワイヤーブラシも効果的です。使用する際は、まず適切な長さと太さのものを選びましょう。ワイヤーを排水口に挿入し、ゆっくりと奥へ押し進めます。つまりの原因に当たったら、ワイヤーを回転させながら前後に動かし、異物を砕いたり絡めとったりします。

ただし、無理な力をかけると配管を傷つける恐れがあるので注意が必要です。作業後はしっかりと水を流し、つまりが解消されたか確認しましょう。解消されない場合は、専門業者への相談を検討してください。

水道修理業者に相談する

お湯を使った方法やラバーカップ、ワイヤーブラシでもつまりが解消されない場合は、専門の水道修理業者に相談することをおすすめします。プロの技術と専門機器を使用することで、複雑なつまりも効果的に解消できます。業者を選ぶ際は、口コミや評判を確認し、信頼できる業者を選びましょう。

また、事前に料金体系を確認し、追加料金が発生する可能性についても確認することが大切です。緊急時に備えて、地域の信頼できる水道修理業者の連絡先を事前に把握しておくと安心です。専門家の助言を得ることで、トイレの問題を根本的に解決できる可能性が高まります。

トイレの水位が低いときは「みんなの生活修理センター」に相談

トイレの水位が低いときは「みんなの生活修理センター」に相談

トイレの水位が低い時やお湯を使っても解決できなかったトイレつまりは、みんなの生活水道修理センター」へお任せください。

現地にてしっかりと原因を突き止め、つまりや問題に合わせた適切な作業方法でトイレつまりの問題を解決します。

お見積もりやご相談は完全無料!まずはトラルブの原因調査からご依頼ください。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積もりはこちら!
>>>トイレつまりなど緊急時にはお電話(0120-498-025)でご連絡ください!

FAQ トイレの水位が低い時のお湯を使った解消方法に関するよくある質問

  • Qトイレにお湯を流す時の温度は何度くらいが適切ですか?

    お湯の温度は50〜60℃程度が適切です。熱すぎるお湯は便器を傷める恐れがあるので避けましょう。お風呂のお湯程度の温度を目安にしてください。

  • Qお湯を使ってもトイレのつまりが直らない場合はどうすればいいですか?

    お湯を使っても改善されない場合は、水に溶けないものがつまっている可能性があります。無理に直そうとせず、早めに専門の業者に依頼することをおすすめします。

  • Q トイレの水位が低い原因が分からない時はどうしたらいいですか?

    トイレの水位低下の原因が特定できない場合は、故障や配管のトラブルなども考えられます。素人判断で対処せず、専門業者に点検を依頼するのが賢明です。

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/