尿石によるトイレつまりはどう解消する?原因や対処法を解説

尿石によるトイレつまりはどう解消する?原因や対処法を解説
2024/06/10

本記事では、尿石によるトイレつまりが起こる原因とともに対処法を解説します。

トイレつまりが発生すると焦ってしまう方も多くいますが、実は尿石が原因であれば比較的簡単につまりを解消できる可能性があります。普段のお手入れや掃除で、予防することも可能です。

今回は、尿石によるつまりを解消する方法や予防法をまとめました。トイレトラブルを未然に防ぎ、快適なトイレ空間を守りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

尿石によるトイレつまりの対処法

尿石が原因のトイレつまり対処法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 尿石除去剤のデオライトLを使う
  • サンポールで排水管を掃除する
  • 重曹+クエン酸でつまりを溶かす
  • ワイヤーブラシで掃除をする

それぞれの内容を詳しく解説します。

尿石除去剤のデオライトLを使う

尿石除去剤のデオライトLを使う

デオライトLは、尿石除去剤として知られている洗浄剤です。主に和式トイレの尿石除去に使われていますが、洋式トイレへ使用しても問題ありません。

デオライトLをトイレつまり解消に使用する場合の手順は、以下の通りです。

  1. 便器にデオライトLを流す
  2. 15分ほど放置する
  3. レバーを引いて水を流す
  4. 重曹水を流すなどして中和処理をする

デオライトLは酸性の洗浄剤なので、アルカリ性汚れの尿石に有効です。適量を流し入れた後は15分ほど放置してから、水を流しましょう。つまりが酷いときには、1~3の工程を数回繰り返します。

最後に重曹水を流しいれるなどして、中和処理を行えば完了です。

サンポールで排水管を掃除する

サンポールで排水管を掃除する

サンポールは、デオライトLと同じく酸性の洗浄剤です。アルカリ性の性質を持つ尿石をはじめ、水垢や黄ばみなどといった汚れも一緒に落とせます。サンポールを使ったトイレつまり解消方法は、以下の通りです。

  1. 便器の奥にサンポールを流し入れる
  2. トイレ用のブラシでこする
  3. 1時間ほど放置する
  4. バケツで便器に水を流し入れる
  5. レバーを引いて水を流す

排水管にこびりついた尿石を落とすためには、できるだけ奥にサンポールを流すことが大切です。便器の中に水が多い場合は、汲み上げポンプやバケツなどを使って水量を減らしましょう。

サンポールを流した後は汚れをブラシでこすり取り、一定時間放置してからバケツで水を流します。最後に、レバーを引いて水を流し、つまりが解消されていれば作業は完了です。

サンポールについては、以下の記事でも紹介しています。

重曹+クエン酸でつまりを溶かす

重曹+クエン酸でつまりを溶かす

重曹とクエン酸を使った掃除方法もトイレつまりには有効です。以下で、詳しい手順を解説するので、ぜひ参考にしながら試してみてください。

  1. 重曹・クエン酸を便器内に入れる
  2. ぬるま湯を注いで発泡させる
  3. 1時間ほど放置する
  4. レバーを引いて水を流す

重曹とクエン酸、ぬるま湯を注ぐと発泡するので、そのまま1時間ほど放置します。1時間ほど経過したら、レバーを引いて少しずつ水を流しましょう。

軽度なつまりであれば、重曹とクエン酸のみでも解決できる可能性があります。

ワイヤーブラシで掃除をする

ワイヤーブラシで尿石を掃除する

尿石が原因のつまりの解消には、ワイヤーブラシも有効です。先端のブラシで便器の奥にこびりついた尿石を掃除で削り取る、または砕くことができれば、つまりが解消します。ワイヤーブラシを使う際の手順は、以下の通りです。

  1. 便器にワイヤーブラシを入れる
  2. つまりに引っかかるまで伸ばす
  3. ワイヤーを前後させる
  4. レバーを引いて水を流す

ワイヤーブラシは無理に奥まで入れると、排水管を傷つける可能性があります。そのため、つまりに引っかかるまでゆっくりと伸ばし入れましょう。つまりに引っかかったら、優しく前後に動かします。

排水管にこびりついた尿石が取れたら、レバーを引いて水を流してください。水を一気に流すとあふれることがあるので、少しずつ様子を見ながら流すことが大切です。

ワイヤーブラシについては、以下の記事でも解説しています。

プロの水道修理業者に依頼する

上記のような対応をしても尿石によるつまりが解消できないときは、プロの修理業者に依頼しましょう。尿石以外に、トイレつまりの原因があるかもしれません。

無理に自分で対処しようとすると、事態を悪化させることもあります。安全かつ適切な方法でトイレつまりを解消させたい場合は、水道修理業者への相談がおすすめです。

出張見積もりを無料としている業者に依頼すれば、費用面で不安がある方も安心して依頼できます。

トイレつまりの原因「尿石」とは

トイレつまりの原因「尿石」とは

尿石とは、尿に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの成分が固まってできたものです。主に、便器や排水管の内側に付着します。色は白・黄色・茶色などさまざまで、放置すると徐々に大きくなり、頑固な汚れとなるため注意が必要です。

早い段階で掃除をしなければ、汚れが固まって取れにくくなります。そうなると排水管などにも徐々に蓄積されてしまい、酷いトイレつまりが発生します。

尿石によるトイレつまりかどうか判断する基準

尿石によるトイレつまりかどうか判断する基準

尿石によるトイレつまりの場合、以下のような症状が確認できる可能性があります。

  • 臭いが出ている
  • 黄ばみや尿石が確認できる
  • 徐々につまりが酷くなった

それぞれ、詳しく解説します。

臭いが出ている

尿石によるトイレつまりが起きている場合は、臭いが同時に発生しやすいのが特徴です。尿石はアンモニア臭がするため、徐々にトイレがつまっている様子があり、臭いが酷いときは尿石によるつまりを疑いましょう。

ただし、尿石は便器の周辺にもこびりつくので、臭いが出ているからといって必ず尿石によるトイレつまりが起きているわけではありません。原因が分からないときは、プロへの相談も検討しましょう。

徐々につまりが酷くなった

徐々につまりが酷くなってきているなら、尿石が原因と考えられます。

異物やトイレットペーパーが原因のつまりなら、急にトイレが流れなくなるケースがほとんどです。一方、尿石は徐々に蓄積されていくことから、トイレつまりが少しずつ悪化する傾向にあります。

流れが悪くなってきたと感じたら、放置せずに早めの対処を心掛けましょう。

尿石によるトイレつまりが起きる原因

尿石によるトイレつまりが起きる原因

尿石によるトイレつまりが起きる主な原因は、汚れの蓄積です。また、排水管の経年による劣化や洗剤の使い過ぎなどによってトイレつまりが起きるケースもあります。

ここでは、尿石によるトイレつまりが起きる原因を詳しく解説します。

汚れの蓄積

尿石でトイレつまりが起きる原因は、汚れの蓄積です。

尿石は短期間で蓄積されるものではなく、日々の積み重ねによって排水管の周囲などにこびりつきます。その汚れが徐々に蓄積されることで水が流れる場所が狭くなり、つまりを引き起こします。

汚れを蓄積させないためには、こまめな掃除が大切です。汚れが目に見えない場合でも、便器の奥や排水管に尿石が溜まっている可能性もあるので、十分に注意しましょう。

尿石は時間の経過とともに固まり、落ちにくくなります。そのため、初期の段階で掃除することが重要です。

排水管の経年による劣化

排水管の経年による劣化により、内部が狭くなってくると、トイレがつまりやすくなります。普段通りに使っていても、トイレが流れにくくなったり、つまりが起きたりするので注意が必要です。

トイレを設置してから長期間経過している場合には、排水管や便器本体の交換も検討しましょう。排水管や便器の交換についてはセルフで行うのは難しいので、プロに依頼するのがおすすめです。

トイレの排水管は10~20年程度が寿命とされているので、それ以上の期間が経過している場合には、経年の劣化が原因だと考えられます。

洗剤の使い過ぎ

尿石が排水管にこびりついている場合、洗剤を使いすぎると尿石と洗剤が絡み合い、余計につまりを悪化させる場合があります。そのため、洗剤を使う場合は適量を意識しましょう。

また、尿石の汚れには酸性の洗剤が有効です。他の性質を持つ洗剤は状態を悪化させたり、効果がなかったりする場合もあります。使い過ぎには注意し、掃除後は洗剤をしっかり洗い流してください。

尿石によるトイレつまりが起きやすい場所

尿石によるトイレつまりが起きやすい場所

尿石によるトイレつまりが起きやすい場所としては、男子トイレや和式トイレの便器が挙げられます。また、基本的には便器奥の排水管や配管でつまりが起きます。

ここでは、尿石によるトイレつまりが起こりやすい場所について見ていきましょう。

男子トイレの便器

尿石によるつまりが特に起きやすいのが、男子トイレの便器です。

男子トイレにある男性用小便器は用を足した際に尿が飛び散りやすく、水が流れる場所も比較的狭いことから、尿石によるつまりが起きやすいとされています。

流れる水の量も少なめなので、十分に尿が流れずにつまりを引き起こす可能性があります。

節水トイレの排水管・配管

洋式トイレは和式トイレに比べると、つまりが起こりやすいのが特徴です

水の流れる量が特に少ない節水トイレでは、尿石によるつまりが起きるリスクが高いとされています。そのため、節水トイレを使っている場合は、こまめな掃除を心掛けましょう。

また、自己流の節水などはせず、適切な量の水を流すことも大切です。

尿石によるトイレつまりを予防する方法

尿石によるトイレつまりを予防する方法

尿石によるトイレつまりを予防する方法としては、以下の3つが挙げられます。

  • 座って用を足す
  • 使用後は必ず水を流す
  • こまめに掃除する

それぞれ、詳しく解説します。

座って用を足す

男性の場合は、座って用を足すのがおすすめです。尿石は尿の飛び散りによって蓄積され、つまる可能性があり、座って用を足すことで飛び散りを予防できます。

また、座って用を足せば臭いや汚れも予防できるので、ぜひ試してみてください。

使用後は必ず水を流す

尿石は尿に含まれる成分が固まることで蓄積されていくので、トイレの使用後は必ず水を流しましょう。水を流さずに放置すると、尿石が蓄積されてつまりの原因になります。

節水のために水を流さずに放置し、トイレがつまれば余計な修理費用がかかるケースもあります。トイレは必ず毎回流し、汚れが蓄積さないようにしましょう。

また、「小」で流す場合であっても、ある程度の量の水を流すのがおすすめです。水が少なすぎると尿が流れ切らずに、排水管や便器内にこびりつき、尿石になる可能性があります。

こまめに掃除する

尿石によるトイレつまりを予防するためには、こまめな掃除が欠かせません。

サンポールやデオライトLなど、トイレ用の酸性洗剤を用いて、定期的に掃除をしましょう。掃除の際は便器内だけでなく、排水管の奥まで掃除することが大切です。

デオライトLなどの洗浄剤であれば、トイレ内に流し入れた後に漬け置きすれば奥までキレイになります。毎日のように掃除する必要はありませんが、週に1回など期間を決めて掃除をするのがおすすめです。

尿石によるトイレつまりは「みんなの生活水道修理センター」へ

尿石によるトイレつまりは「みんなの生活水道修理センター」へ

今回は、尿石によるトイレつまりの原因や対処法などを詳しく解説しました。

軽度なつまりであれば、デオライトLやサンポールなどの洗浄剤、もしくはワイヤーブラシなどの道具を使えば解消できます。しかし、重度なつまりの場合やつまりが悪化した場合は、プロの修理業者への依頼がおすすめです。

自分では解決できないトイレつまりにお困りの場合は、ぜひ「みんなの生活水道修理センター」にご相談ください。みんなの生活水道修理センターでは、無料の出張見積もりを行っています。

原因を調査した上で適切な対応ができるので、悪化する前に気軽にお問い合わせください。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積もりはこちら!

>>>トイレつまりなど緊急時にはお電話(0120-498-025)でご連絡ください!

FAQ 尿石によるトイレつまりに関するよくある質問

  • Q尿石に有効な洗剤はどれですか?

    尿石はアルカリ性の性質を持つ汚れなので、酸性の洗剤が有効です。トイレ用の洗浄剤や洗剤としては、サンポールやデオライトLなどが挙げられます。
    薬局やホームセンターなどでも売られているので、尿石の掃除をしたい場合は酸性の洗剤を購入してください。

  • Q対処法を試してもつまりが解消されません。

    自分でできる対処法を試してもトイレつまりが解消できない場合は、水道修理業者への依頼を検討しましょう。もしかすると、尿石が原因のつまりではないかもしれません。
    プロに依頼すれば、原因を突き止めた上で適切な対処をしてくれます。部品交換などが必要な場合であっても、すぐに対応してくれるので安心です。

  • Q尿石のつまりをプロに依頼したいのですが費用面が不安です。

    水道修理業者に尿石によるつまりの解消を依頼したい場合は、出張費用を無料としている業者を選ぶのがおすすめです。現地で状態を確認し、明確な費用を提示してくれます。
    また、キャンセル料が無料の業者であれば、費用に納得できない場合でも気軽に断れます。

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/