トイレつまりなどの急な水道トラブルはみんなの生活水道修理センターへ!

トイレつまりで少しずつ流れるのは放置して平気?原因や対処法を紹介

トイレつまりで少しずつ流れるのは放置して平気?原因や対処法を紹介
2024/06/13

本記事では少しずつ流れるトイレつまりの状態や、その原因について解説します。このような状態で放置しても改善が期待できるのか、改善できない場合はどうすればよいのかなど対処法や解決策なども紹介します。

トイレつまりの原因を突き止め、正しい方法で早めに対処することで、深刻なトラブルを未然に防ぐことができます。大きなトラブルにつながる前に、ぜひとも参考にしてください。

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

トイレつまりで少しずつ流れるのはなぜ?

トイレつまりで少しずつ流れるのはなぜ?

トイレの水栓レバーを回すと、一瞬水位が上がってから少しずつ流れていく場合があります。このようにトイレつまりで少しずつ流れるのは、排水管の一部につまりがある状態です。

わずかに隙間が残っているため少しずつ水が流れていくのです。

現状では少しずつ水が流れていくため、そこまで深刻に思えない方もいるかもしれません。しかしこの状態が長引くと、つまりがさらに悪化し、最終的にはまったく流れなくなってしまう可能性があります。

また汚水が便器内に溜まり、不衛生な状態を招いてしまうなどの問題もあります。少しずつ流れるからといっていつまでも放置するのは、決して良い状態とはいえません。つまりの程度が軽いうちに対処することをおすすめします。

少しずつ流れるなら放置しても平気?

少しずつ流れるなら放置しても平気?

結局のところちゃんと流れてくれるなら、そのまま放置していてもそう大きな問題にはならないのでは?と思われる方もいらっしゃる事でしょう。実際のところ、少しずつでも水が流れるのであれば、放置していても大丈夫なのでしょうか?

気になる疑問にお答えします。

放置できるつまりとそうでないつまりがある

トイレが少しずつ流れる状態のつまりは、原因によって放置しても平気な場合とそうでない場合があります。たとえばトイレットペーパーを大量に流したことによるつまりは、時間の経過とともにペーパーが水を吸って柔らかくなり、自然と流れるようになることが多いです。

一方、尿石や固形物などの異物が原因のトイレつまりは、放置していても自然に解消することはありません。異物は便器内から取り除き、尿石は専用の洗剤で溶かすなどの対処が必要です。

日ごろのトイレの使用において思い当たる点がある場合には、どのような原因によるものなのか想定のうえ対応することも大切でしょう。プロでなければ判断が難しい場合もあるため、迷う場合や見当がつかないときはすぐに水道修理業者に相談するのがおすすめです。

放置の場合はどれくらいが目安?

トイレが少しずつ流れる程度のつまりであれば、完全につまっていて全く流れないわけではないので、ある程度は放置しても大丈夫です。

ただし、放置で問題がないか判断すべき目安は、状況によって異なります。

たとえばトイレットペーパーによる軽度のつまりなら、半日から1日ほど様子を見ても問題ありません。この場合、時間の経過とともにトイレットペーパーが水を吸って柔らかくなり、少しずつ流れていきます。

一方で、異物や固形物が原因のつまりは放置してはいけません。時間が経ってもつまりは解消されるどころか、悪化する一方です。異物の種類にもよりますが、決して放置せずすぐに水道修理業者に相談する必要があるでしょう。

少しずつ流れるつまりでも、1日経過しても改善が見られない場合は、業者に依頼することをおすすめします。

少しずつ流れるトイレつまりの対処法

少しずつ水が流れていくようなケースにおける、トイレつまりの対処法をいくつか紹介します。

ぬるま湯を流しいれてつまりを押し流す

ぬるま湯を流しいれてつまりを押し流す

トイレつまりで少しずつ流れる場合、ぬるま湯を流し入れることで、つまりの原因を押し流します。ぬるま湯を流しいれる際は、圧がかかるよう高い位置から滝のように流しいれるのがポイントです。圧を加えることにより、つまりの原因となっているトイレットペーパーや排泄物を、水の勢いで押し流すのに有効です。

具体的な手順は以下のとおりです。

  1. バケツやボウルに、40〜60℃程度のぬるま湯を用意します。
  2. 便器内にたまっている水を灯油ポンプなどを使って抜き取っておきます。
  3. ゆっくりとぬるま湯をトイレに流し入れます。一気に流し入れるとあふれる可能性があるので注意しましょう。
  4. しばらく様子を見て、つまりが解消されたかを確認します。
  5. 解消されない場合は、数回繰り返します。

流しいれるぬるま湯の温度には注意が必要です。熱すぎるお湯は便器や配管を傷める可能性があります。

40℃~50℃程度を目安とし、熱い場合でも60℃を越えないよう注意しましょう。

ラバーカップ・スッポンでつまりを引き抜く

ラバーカップ・スッポンでつまりを引き抜く

トイレつまりを解消するのに効果的なのが、ラバーカップ(通称:スッポン)を使う方法です。ラバーカップを便器の排水口にしっかりと密着させ、勢いよく上下に動かすことで、つまりの原因となっている異物を引き抜くことができます。

ラバーカップを使う際の手順は以下の通りです。

  1. 便器内の水位を調整する。水があふれそうな場合は、灯油ポンプなどで汲み出す。
  2. ラバーカップを排水口に密着させ、ゆっくりと押し付ける。
  3. 勢いよく手前に引いて、つまりの原因を吸引する。
  4. ラバーカップを外し、引き抜いた異物を取り除く。
  5. 再度水を流し、つまりが解消されたことを確認する。

ラバーカップを使う際は、水や汚物が飛び散る可能性があるので、周囲にビニールシートなどを敷いて養生するのがおすすめです。

また、ラバーカップを試してもつまりが解消されない場合は、無理に続けず専門の業者に依頼しましょう。

ワイヤーブラシでつまりを削り落とす

ワイヤーブラシでつまりを削り落とす

ワイヤーブラシを使えば、トイレの排水管内につまった汚れや異物を削り落とすことができます。

ワイヤーブラシを使用する際の手順は以下の通りです。

  1. ゴム手袋を着用し、トイレ周りに新聞紙やビニールシートを敷いて養生する
  2. ワイヤーブラシを排水口に差し込み、つまりの箇所まで到達させる
  3. ワイヤーブラシを時計回りに回転させながら前後に動かし、汚れや異物を削り取る
  4. 何度か3の動きを繰り返す
  5. バケツから水を流して、つまりが解消されたことを確認する

ワイヤーブラシは、手軽に使える反面、便器や排水管を傷つける恐れもあるので注意が必要です。

また、頑固なつまりには効果が限定的な場合もあるほか、排水管の奥の方にある汚れまでは届かない可能性もあります。ワイヤーブラシで改善されない場合は、他の方法を試すか、業者に依頼することをおすすめします。

水道修理業者に相談する

水道修理業者に相談する

様子を見てもなかなかスッキリしない場合や、つまりが悪化していると感じる場合は、長くは放置せず水道修理業者に相談するのがベストです。水道修理業者に依頼することで、少しずつ流れる原因や理由を突き止めることができます。

水道修理業者ならその原因にあった適切な方法でつまり解消もできるため、トイレにかける負担や何度も修理を行う手間なども減らせるメリットもあるのです。

放置で様子を見る時間が伸びていると感じるときや、自力で解消しようとしたものの効果がみられない場合には、できるだけ早く相談することをおすすめします。

プロの経験や技術力により、的確に原因を突き止めて、適切に対処してもらえます。

トイレつまりで少しずつ流れる原因は?

トイレつまりで少しずつ流れる原因は?

水が少しずつ流れていくトイレつまりの原因にはさまざまなものがあります。またそれぞれの原因ごとにトイレつまりの程度や対処方法も異なります。まずはどのようなケースが少しずつ流れるトイレつまりにつながるのか、原因をわかりやすく解説します。

トイレットペーパーや排泄物のつまり

トイレつまりで少しずつ流れる原因として最も多いのが、トイレットペーパーや排泄物を大量に流したことによるつまりです。大量のトイレットペーパーをまとめて流したり、水に溶けにくい素材のペーパーを使用したりすると、排水管の途中でつまってしまうことがあります。

また、一度に大量の排泄物や固い便を流した際なども、水の流れを悪くする原因です。軽度のつまりであれば時間の経過とともに少しずつ流れるようになりますが、完全につまってしまった場合は水道修理業者に依頼するなどの対処が必要です。

トイレットペーパーは水に溶けやすい素材のものを適量使用するよう変更するだけでも、症状が改善する場合があります。

異物や固形物によるつまり

トイレに異物や固形物を誤って流してしまうと、排水管の途中でつまってしまい、水が少しずつしか流れなくなります。おもちゃや歯ブラシ、サインペンや携帯電話など、トイレに流れない物を落とした場合は要注意です。

また、生理用品やおむつ、ペットシートなどの水に溶けにくい物も、トイレつまりの原因になりえます。異物や固形物が原因のつまりは、放置していても自然につまりが解消することはありません。

トイレに流せない物を流してしまったときは、早めに専門業者に依頼してつまりを取り除くのがおすすめです。無理に自分で直そうとすると、かえって状況を悪化させてしまう恐れがあるので注意しましょう。

排水管の汚れによるつまり

トイレの排水管内に汚れが蓄積することで、少しずつ水の流れが悪くなり、いずれは深刻なトイレつまりを引き起こすことがあります。特に尿石や経年による排泄物の滞積などは、排水管を徐々に狭めていく原因となります。

普段のトイレ掃除で便器内を磨くだけでなく、排水口周りの汚れもこまめに取り除くことが大切です。市販の尿石除去剤などを使うのも効果的ですが、強い薬品はトイレの部品を傷める可能性もあるので注意が必要です。

排水管の奥につまりがある場合は、業者による高圧洗浄などの専門的な清掃が必要になることもあります。流れが悪くなってきたら、早めに対処することをおすすめします。

排水管の破損や木の根の侵入が原因

トイレが少しずつ流れる原因として、排水管の破損や傷、木の根の排水管内への侵入なども考えられます。なかでも古い家屋などでは、排水管が経年劣化で破損していることがあります。破損箇所から土や砂が流入すると、排水管内でつまりを起こし、水の流れが悪くしてしまうのです。

排水管の近くに大きな木がある場合、木の根が排水管に侵入し、根が成長するにつれて排水管が押し広げられ、破損やつまりを引き起こすことがあります。木の根は水分を求めて成長するため、排水管は根の侵入を受けやすいのです。

木の根の侵入が原因の場合は、根を除去したうえで、排水管の補修や交換を行わなければ改善できません。排水管の破損や木の根の侵入が疑われる場合は、専門業者による点検や修理が必要です。

破損箇所の特定にはカメラ調査が有効であり、破損箇所を発見したら、その部分を取り替える修理を行います。

少しずつ流れるトイレつまりは「みんなの生活水道修理センター」に相談!

トイレの汚れが原因のつまりは「みんなの生活水道修理センター」に相談!
少しずつ流れるようなトイレつまりは、ぜひみんなの生活水道修理センターへご相談ください。熟練の経験により、原因不明のトイレのつまりや流れの悪い症状にも、的確に対応できます。

排水管の高圧洗浄や配管の交換など、高度な技術や資格を必要とする作業もお任せいただけます!お見積りは完全無料なので、お困りの際は遠慮なくご相談ください。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積もりはこちら!

>>>トイレつまりなど緊急時にはお電話(0120-498-025)でご連絡ください!

FAQ 水が少しずつ流れる場合のトイレつまりに関するよくある質問

  • Qトイレつまりで水が少しずつ流れる原因は何ですか?

    トイレットペーパーや固形物などのつまりや、排水管の汚れが蓄積していることが主な原因です。原因によっては自然に解消する場合もありますが、悪化する可能性もあるので注意が必要です。

  • Qトイレつまりで水が少しずつ流れる状態を放置しても大丈夫?

    軽度の場合は放置しても自然と水が流れていくこともあります。しかし水が引くまで1時間以上かかる場合は注意が必要です。放置すると悪臭や汚水の溢れなどの二次被害につながる恐れがあります。原因がトイレットペーパーなど水に溶けるものであれば自然に解消する可能性もありますが、早めの対処をおすすめします。

  • Qトイレつまりで業者に依頼するタイミングは?

    水が引くまでにかかる時間が、日ごとに長くなるような場合には、一度相談してみることをおすすめします。その他にも自分で対処しても改善が見られない場合や、トイレットペーパー以外の異物によるつまりが疑われる場合は、早めに専門業者に相談したほうが安心でしょう。

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/