ブログ
BLOG

トイレの便座交換を自分で行うには?失敗しないポイントを徹底解説

トイレの便座交換を自分で行うには?失敗しないポイントを徹底解説
2022/04/02

当記事では、トイレの便座交換をおこなう際の事前準備と作業手順などについて解説していきます。

トイレの便座交換をDIYでおこなうことも可能ですが、トイレの種類によって作業のしやすさが違ってきます。

当記事をお読みいただければ、トイレの種類による作業内容や難易度の違いが分かります。

さらに作業が自分には難しいと感じたときに、相談できる水道工事業者をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

トイレの便座交換の基礎知識

トイレを使っていると、色がくすんできたり、汚れが目立ってくることがあります。

便座はプラスチック製が多く、陶器製の便器より劣化しやすいからです。

そこで便座の交換を検討する方が多いのです。

 

便座交換できるトイレの種類は

便座交換できるトイレは、便座を脱着できるタイプのみです。

一般的な分離型トイレなら、便座を外して掃除や交換が可能ですが、なかには「タンクレストイレ」など便器・便座・タンクが一体化したものがあります。

このタイプだと便座のみの交換が不可能で全体を交換する必要があるため、DIYでの交換は難しいでしょう。業者に作業を依頼するのが無難です。

 

分離型トイレの見分け方

分離型トイレの見分け方

便座の交換ができるタイプは分離型トイレ(組み合わせ型トイレ)です。

分離型トイレは、便器・便座・タンクのパーツが独立しておりそれぞれ外すことが可能なのでメンテナンスがしやすいです。

最新式のトイレの中には、審美性やデザイン性を重視し、パーツの交換ができないタイプもあります。

まずはご家庭のトイレがどのタイプかを、説明書などで確認してみてください。

 

便座の種類には二種類ある

普通便座のイメージ画像

※普通便座のイメージ画像

温水洗浄便座のイメージ画像

※温水洗浄便座のイメージ画像

分離型トイレの便座交換作業自体は、それほど複雑ではなく、DIYでおこなうことも可能です。

しかし、トイレの種類によっては難易度が少し上がる可能性があります。

特に機能がついていないものを「普通便座」とよび、温水洗浄(ウォシュレット)機能がついている「温水洗浄便座」と呼びます。

 

トイレの便座を交換する前の準備

ではここからは、トイレ便座を交換する前の準備について簡単に説明します。

 

便座のサイズを計測する

まずは交換するトイレの便座のサイズを調べましょう。

同じメーカーでもサイズや機能は様々なタイプが用意されています。

交換用便座のサイズを測るポイントは次の通りです。

  • 便器の内側の長さはどのくらいか?
  • 便座取り付け穴の中心同士の距離は?
  • 便座取り付け穴から便器先端までの長さは?

 

交換用の便座は、元のメーカーや品番が同一のものを選ぶと作業が楽です。

最近ではネットショップや家電量販店のほか、ホームセンターでも比較的手ごろな価格で購入できる場合もあります。

安いからといって買ってしまうとサイズが合わないなどのトラブルのもとになりますので、きちんと確認するようにしてください。

サイズ選びに迷う場合や、元の便座が廃番になっているなどの場合は、メーカーに問い合わせてみてください。

代替製品の情報を教えてもらえるはずです(メーカーのホームページで検索できる場合もあります)。

 

交換作業用の工具を用意する

便座の交換製品を買うと、ドライバーやモンキーレンチなどの工具が付属されている場合もあります。

足りないものは自分で用意してください。

必要な工具や道具類は次の通りです。作業開始までに用意しておきましょう。

  • ドライバー
  • モンキーレンチ
  • バケツや洗面器
  • 雑巾など水をふき取るもの
  •  便座締め付け工具

便座締め付け工具とは、便器に便座を固定するナットを動かす工具です。

交換用便座に付属する場合がほとんどですが、なければ別途購入する必要があります。

六角レンチなどをお持ちであれば、それで代替可能なことがあります。

 

トイレの止水栓を止めておく

便座交換を始める前に、必ずトイレの止水栓を閉じて、水洗トイレのタンクの水を抜き、水が漏れてこないようにしておきます。

マイナスドライバーなどを使って時計回りに止水栓を回すと閉じます。

通常、給水管の接続口に設置されていますが、温水洗浄用の止水栓と間違えないよう注意しましょう。

可能な場合は水道の元栓も閉じておくと、水漏れのトラブルを防げますので安心して作業できます。

 

トイレ便座の交換作業

トイレ便座の交換作業

次にトイレ便座の交換作業について、トイレの種類ごとに簡単に説明します。

詳細については、取扱説明書を見ながら手順を確認してください。

 

普通便座の交換作業

  1. 便座の裏側にあるナットを、便座締め付け工具を使って外し、便座を持ち上げて便器から取り外してください。
  2. 交換用の便座の固定用パーツを便器に差し込み、裏側からナットをはめ込みます。
  3. それぞれの部品の穴が全て重なるように位置を調整しながら、便座を取り付けていきます。
  4. 位置や向きを微調整しながら、マイナスドライバーでボルトを閉めましょう。
  5. ナットをきつく締めて固定させ、がたつきの有無をチェックし、問題なければ完了です。

 

温水便座の交換作業

  1. 止水栓につながるナットをゆるめて、給水管を取り外します。給水管の中の水がこぼれてくるため、真下に雑巾を敷いたバケツを置いておくと安心です。
  2. 交換用の温水洗浄便座に付属の分岐金具を止水栓に取り付け、タンク側の給水ホースをタンクに取り付けます。
  3. 電源プラグとアースを抜いて、便座の両端にある取り外しボタンを押しながら手前にスライドすると便座を取り外せます。取り外しボタンがないときは、便座の裏側にあるナットを外してみてください。ベースプレートが付いている場合は、新しい便座には合わないので取り外します。
  4. 交換用の温水洗浄便座を取り付けます。便座を固定するベースプレートという付属の部品があるときは、先にこれを取り付けてから上に便座を設置します。
  5. 給水ホースを本体に取り付け、分岐金具とつなぎましょう。このとき、分岐金具のナットの中にあるゴムパッキンをはめ込んでから取り付けます。そうしないと100%水が漏れてしまいますので、くれぐれもご注意を。
  6. コンセントに電気プラグとアース線を差し込みます。
  7. 最後に止水栓を開けて動作確認をおこない、問題なければ完了です。

 

トイレ便座の交換作業が難しいと感じたら

トイレ便座の交換作業が難しいと感じたら

普通便座への交換であれば比較的簡単にできますが、温水洗浄便座の交換には注意すべき点が多々あります。

温水洗浄便座の場合は、コンセントが近くにない場合やアース端子がついていない場合は、電気工事士に施工してもらう必要があります。

また、作業中は水漏れといった事故や、電気プラグを抜くのを忘れて感電する、給水管を破損するといったトラブルがつきものです。

基本的な知識があって注意しながら進めればDIYでも便座交換が可能ですが、ちょっと自分では難しいと感じたら無理せずに専門の業者に依頼しましょう。

そのほうが時間の節約にもなりますし、階下への水漏れトラブルによる修理費用を賠償するといったリスクを防ぐことができます。

 

みんなの生活水道修理センターへご相談ください!

以上当記事ではトイレの便座の交換について、便座の種類に応じた手順などを整理してきました。

トイレの便座は、一部の種類を除き単体でも交換できるようになっています。

交換する際は、適合する便座のメーカーを確認しサイズを調べるといった準備をおこなえば、DIYで交換することも可能です。

しかし、便座交換作業には水漏れや部品の破損といったトラブルがつきものですので、自分で交換するのが難しいと感じた場合は専門の水道修理業者に依頼するのがよいでしょう。

みんなの生活水道修理センターでは、お問い合わせを24時間365日受け付けております。

公式サイト:https://minsui-center.com/

さらにみんなの生活水道修理センターでは、公式サイトから依頼することで作業料金がお得になります。

便座の交換でお困りの方は、ぜひお問い合わせください!

FAQ トイレの便座交換に関するよくある質問

  • Qトイレの便座交換は自分でやっても大丈夫でしょうか?

    大丈夫です。とくに普通便座の場合は、専用の工具を使えば簡単に交換できます。 ただし温水洗浄便座の場合は作業が複雑になりますので、水漏れや配管の破損などのリスクが心配です。 メーカーから交換用の便座を買った場合は、説明書などが同梱されていることがほとんどなので、その内容を参考に交換することは可能です。 ですが失敗することが心配な方は、決して無理せずに水道工事業者に依頼することをお勧めします。

  • Q便座のサイズのはかり方が分からないときはどうすれば?

    どうしてもわからない場合は、便器及び便座の側面などに貼り付けてあるシールをチェックしてみましょう。 記載されているメーカー名や品番を確認したうえで、メーカーに問い合わせることをお勧めします。 コールセンターに電話がつながらない場合は、メーカーのホームページで商品情報を検索できる場合がありますので、試してみてはいかがでしょうか。

  • Qトイレの交換用の便座は、どこで買えるのでしょうか?

    トイレの便座は、お近くのホームセンターや、家電量販店のトイレ用品売り場やリフォームコーナーなどで取扱いがあります。 また大手ネットショップでも購入できますし、トイレ用品専門メーカーのECサイトでも購入可能な場合がありますので、ぜひ取扱業者を探してみて下さい。

  • Qトイレの止水栓を止めたことがないのですが、自分にもできるでしょうか?

    トイレの止水栓を閉じる方法は、意外に簡単です。止水栓の位置が分からず不安な場合は、ネットで同種のトイレを探してみれば止水栓の位置を解説したサイトが見つかるかと思います。 工具としてはマイナスドライバーさえあれば、それほど力をいれなくとも簡単に閉じることが可能です。 不安な方は水道の元栓も閉じておけば、水漏れのトラブルを防げます。 それでもトラブルが心配な方は、水道工事業者に相談してみてください。

  • Q便座交換作業は、やはり業者に任せた方がよいのでしょうか?

    サイズがあう交換用の便座と工具があり、きちんとした手順を踏めば簡単に便座を交換できますが、見よう見まねでおこなう作業だと不安な方もいるかと思います。 だいたいの情報はネットでも検索可能ですが、専門業者の方が手際よく安全に作業してくれますので、不安がある場合は専門業者にご相談ください。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

東京・神奈川エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
 東京・神奈川エリア対応

最短30ですぐに駆けつけ!
お見積
無料
24時間・365⽇対応/出張見積無料
0120-991-434