嘔吐がトイレつまりの原因に?対処法を徹底解説

嘔吐がトイレつまりの原因に?対処法を徹底解説
2021/08/31
2022/07/27

お酒の飲みすぎや風邪などの感染症、妊娠時のつわりなど嘔吐をしてしまう機会というのは少なからず誰にでもあります。

洗面所やトイレなどは嘔吐をしてしまう場所になりやすいといわれています。

このうちのトイレでは嘔吐物を吐き出した際に流して処理をしてしまうという方が多いのですが、これがトイレつまりの原因となってしまうというのはご存じでしょうか。

当記事では、嘔吐物によってトイレがつまってしまった解消法とトイレの嘔吐に関する予備知識について解説します。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

トイレつまりのトラブル!嘔吐物によってつまってしまった場合の解消法

トイレのトラブル!嘔吐物によって詰まってしまった場合の解消法

嘔吐物を流すことによってトイレが詰まってしまうというトラブルはわりと頻繁に発生しています。

その理由は嘔吐物には油や固形物が含まれており、詰まってしまう可能性というものを否定できないからです。

また、詰まってしまった嘔吐物をそのままにしておくというのは大変危険な行為でもあります。

そこで当項目では、トイレに嘔吐物が詰まってしまった場合にどのように対処すべきかを解説します。

スッポン(ラバーカップ)を使う

スッポンは、正式名称がラバーカップというトイレ詰まりを解消するアイテムです。

また、別名をプランジャーといいます。

主に圧力を用いて詰まっているものを引き出せるため、嘔吐物を吸い上げ詰まりを解消してくれます。

ラバーカップは安いものであれば数百円で購入することもでき、ある程度値段がするものでも1,500円程度で購入することができます。

近年では100円均一でも取り扱いがあり、ダイソーやキャンドゥ、セリアなどで購入することもできます。

ただし、100円均一のラバーカップは安いので使い捨てできる反面、壊れやすいという点には注意しておきましょう。

ちなみにダイソーやキャンドゥで販売されているラバーカップは洋式ではなく、和式タイプですので自宅のトイレが洋式という方は別所で購入するのが無難です。

また、使用時の注意点として、水位が上がる危険性がありますので水にスッポンのラバー部分が浸る程度まで水を汲みだしておきましょう。

ゆっくりとトイレにラバーを押し込み、強く引き抜くことで詰まりが解消します。

具体的には以下の画像のように使用するとよいです。

真空式パイプクリーナーを使う

真空式パイプクリーナーはトイレ詰まりを解消する上で役立ちます。

聞き慣れないアイテムだと感じる方もいるかと思いますが、真空式パイプクリーナーはラバーカップの圧力をさらにアップさせたものです。

トイレや風呂、台所や洗面台などの排水が詰まった際に使用することができ、ラバーカップより強い吸引力と押し上げる圧力をかけることができるアイテムです。

つまり、ラバーカップを使用しても無理だという場合は真空式パイプクリーナーのパワーで詰まりを解消できる可能性があります。

真空式パイプクリーナーも1,000円前後で購入することができ、家に常備しておけばトイレやキッチンの詰まりを解消できるので大変便利です。

使い方としては自転車の空気入れのように押し引きするだけですが、汚水が飛び散る恐れがありますので周囲に新聞紙などを広げるなどしたほうが無難です。

ワイヤーブラシを使う

ワイヤーブラシを使うのも手です。

あまり聞き慣れない道具だという声も多いようですが、ワイヤーブラシは排水管の掃除などに使う道具です。

一般的にあまり知られていないのは水回りの修理を行う業者のスタッフが使っている道具なので、普段お目にかかることがないからです。

専門的な道具であれば使うのが難しそうですが、ワイヤーブラシは一般の方でも使うことができます。

先端には細長いバネの先がバラバラになっており、一般的なブラシと同様にこすって掃除をしたりします。

形は一般的なブラシといった形です。

値段はブラシの強度によりけり変わりますが、近年は100円均一でも購入することが可能です。

ただ、一般的には1,000円から5,000円程度ですので値段にこだわらず強度の高いものを準備しておくとよいでしょう。

ワイヤーブラシは以下の画像のように使用します。

水道修理業者に依頼する

ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどを用いて自力で詰まりを解消しようとしたとしても、問題を解決できなかったという場合もあります。

もちろん自力で無理に解消しようとして誤ってトイレを壊してしまうということも少なからずあります。

そうした危険を回避するためにおすすめなのが、問題点を記載のうえで業者に依頼をするといった方法です。

トイレの詰まりなどのトラブルを専門にしている水道修理業者がプロフェッショナルとして存在しています。

水道修理業者に任せておけば、トイレを誤って壊したりすることなく詰まりなどのトラブルを解決でき、とても安心です。

水道修理業者にトイレ詰まり解消を依頼した場合の平均的な相場は?

トイレ詰まりを水道修理業者に依頼した場合の総額費用の平均は15,000円~50,000円の間です。

ただし、こちらの算出額はプロでなければ修理できないレベルというものを想定しているので、自身で対応できる程度の場合であった場合は5,000円から10,000円の間となります。

それならば自身で対応したほうが割安になるのではないかと感じる方もいるかと思いますが、実際のところプロでなければ無理な詰まりの状態で自身で修理を施してもかえって良くない状態にしてしまう可能性もありますので、不安な場合は必ず水道修理業者に依頼するようにしましょう。

トイレつまりのトラブル解決はみんなの生活水道修理センターにお任せ

みんなの生活水道修理センター

https://minsui-center.com/

嘔吐などはトイレの詰まりのトラブルにつながるため、できる限りは控えるようにしましょう。

それでも洗面所やトイレなどといった水回りのトラブルは起きてしまうこともあります。

万が一、自身で解決できなくて困ってしまっているという場合は私たち生活水道修理センターにご一報ください。

最短30分で駆けつけ、水回りのトラブルを即時解決します。

ぜひご依頼をご検討ください。

トイレつまりの嘔吐に関する予備知識を知って快適なトイレを

一般的には嘔吐をする場合、トイレや洗面所に吐いてしまうという方が多いです。

しかし、こうした行為はトイレの詰まりの原因につながるため、できる限りはしない方が賢明です。

とはいえなぜトイレで嘔吐をするのが悪いのかなど具体的な理由について知らないという方も多いのではないでしょうか。

トイレでの嘔吐に関する予備知識を知ってトイレつまりをなるべく起こさないように注意しましょう。

嘔吐物は未消化の食べ物を含む

本来、トイレに流すものである便や尿は体内で一度消化しています。

便や尿はもちろんのこと、一緒に流すトイレットペーパーも水に溶ける性質をもっているため、トイレに流してもなかなか詰まることはないといえます。

いっぽうで、嘔吐物は消化されていない固形の食べ物や脂分が含まれており、水に溶ける性質をもっているとはいえないのでトイレ詰まりを引き起こしてしまいます。

トイレが詰まったなら都度修理や掃除をすればよいと考える方もいるかもしれませんが、詰まりを繰り返し起こすことで配管の劣化を促進させてしまう恐れがあるため、嘔吐をするのは控えましょう。

トイレでの嘔吐はウイルス感染リスクがあり危険

嘔吐物にはウイルスや細菌が含まれているため、トイレに流すのは危険です。

この点については、嘔吐の原因が飲みすぎやつわりによるものであればそこまで心配する必要はないといえます。

ただし、嘔吐の理由がウイルス性胃腸炎やノロウイルスなどだった場合は大量のウイルスをまき散らしてしまうことになりますので自宅のトイレで吐けば家族に感染させ、外のトイレであれば他人にうつしてしまうことにつながります。

トイレで吐くという行為は自身が他人のウイルスをもらったり、うつしてしまうリスクがあるので控えるべきなのです。

トイレに嘔吐物以外で流してはいけないもの

嘔吐物以外でもトイレに流してはいけないものはいくつかあります。

たとえば以下のようなものは流してはいけません。

  • 水に溶けない紙
  • ペットのトイレの砂

特にトイレットペーパーなどが切れている場合は、ティッシュなどで代用してしまおうと考えて流してしまう方もいますが、こうした行為あ排水管の詰まりを引き起こすので控えるようにしましょう。

トイレ以外で嘔吐物を処理するならどうしたらよいのか

嘔吐物は専用の吐き袋を準備するか、もしない場合は新聞紙などを代用して包みましょう。

その後、可燃ごみと共に捨ててしまえば問題ないです。

ただし、臭いが気になるという場合もありますのでできる限り臭いをさせないようにビニールの袋などで封をするなどしたっほうがよいといえるでしょう。

FAQ トイレが嘔吐物でつまったときの対処法

  • Qトイレに嘔吐物を吐くと、どうしてトイレつまりが起こってしまうのでしょうか?

    トイレつまりの原因となる嘔吐物の中には、未消化の食べ物がたくさん含まれています。この中には固形物や脂分も多く含まれており、嘔吐物が多いとどうしても流れにくくなってしまうからです。

  • Q嘔吐物でトイレつまりが発生した場合、まずはどうしたらよいでしょうか?

    まずは家庭にあるラバーカップなどの道具を使ってみましょう。これでトイレつまりが直ることがよくあります。 ほかにも真空パイプクリーナーやワイヤーブラシなど、トイレつまりに対処する道具はホームセンターなどで手軽に入手できます。1,000円程度でも買えますので、安心のためにも家庭に常備しておくとよいでしょう。 何度やってもトイレつまりが解消されそうにない場合は、決して無理せずに、水道修理業者に依頼してください。

  • Qトイレの嘔吐物を取り扱うときに、どんな点に注意したらよいでしょうか?

    トイレつまりの原因となる嘔吐物には未消化の食べ物のほか、いろいろなウイルスや細菌が含まれています。 嘔吐の原因が単に飲みすぎ・食べすぎならともかく、胃腸炎やノロウイルスの感染などによる場合は、トイレ内にウイルスがばらまかれてしまい、家庭内感染の原因にもなりかねないのです。 胃腸の調子が悪くて嘔吐した場合は、便器やトイレ内の床やドアノブをアルコールで消毒するなど、二次感染を防ぐよう心がけましょう。トイレつまりの解消だけでなく、感染防止対策も大切なのです。

  • Qトイレで嘔吐しないために、どんな工夫が考えられますか?

    具合悪いときは、トイレに駆け込むことが多いと思われるので、便器の中に嘔吐物をはかないためには、専用のビニール袋や最初から新聞紙などをビニール袋に入れて置き、トイレに常備しておくとよいでしょう。 吐いた後で、臭いが漏れないようビニール袋の口を縛って、もう一枚のビニール袋でさらに封をしたうえで、可燃ごみとして捨ててしまえば問題ありません。トイレつまりを防ぐためにも、嘔吐物をトイレに直接出さなくて済むよう工夫しましょう。

  • Q嘔吐物以外にも、トイレつまりの原因となるものについて、教えてください。

    嘔吐物以外でも、次のようなものはトイレに流さないでください。 トイレつまりの原因となるからです。 ・水に溶けないティッシュペーパー ・おしりふき ・ウェットティッシュ ・ペットのトイレの砂 ・食べ物 ・湿気取りの内容物 こうしたものは意外と流してしまいがちなものですが、絶対にやめましょう。 また、一般的なトイレットペーパーでも、流しすぎるとトイレつまりを引き起こすので注意しましょう。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

東京・神奈川エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/