ブログ
BLOG

危険な音!ウォーターハンマー現象の原因・リスク・対策法を解説

危険な音!ウォーターハンマー現象の原因・リスク・対策法を解説
2022/05/11

水道を閉めたときに衝撃音が鳴るのは、「ウォーターハンマー現象」が原因かもしれません。

この記事では、ウォーターハンマー現象の概要や原因、リスクや対策法を紹介。記事の後半では、修理費用の相場も解説しています。

ウォーターハンマー現象は、放置していると思わぬトラブルに発展するかもしれない現象です。

リスク回避の手段が分かる内容なので、ぜひ参考にしてください。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

ウォーターハンマー現象とは?

ウォーターハンマー現象とは?

ウォーターハンマー現象とは、水道の水を止めたとき、水道管内の圧力が急激に変化することで、「ドン」や「コンコン」のような衝撃音が鳴る現象です。

ハンドルを回すタイプの水道では起こりませんが、シングルレバーの水栓や、自動で水が止まる洗濯機や食器洗い機、トイレなどで起こります。

水圧変化による音の他に、水水管が壁にぶつかり衝撃音がなる場合もあり、水道管にダメージのある危険な現象です。

また、水柱分離によってもウォーターハンマー現象が起きることもあります。

水柱分離とは、ポンプが急停止したときに、ポンプの直後で圧力の低下が起き、慣性によって流れていた水が圧力の下がった方向に引き寄せられる現象です。

すると、水同士がぶつかり衝撃音が鳴るという仕組みです。

いずれにしても、水道管への継続したダメージのある現象なので、早期に解決するべき現象といえます。

 

ウォーターハンマー現象が起こる原因

ウォーターハンマー現象が起こる原因

ウォーターハンマー現象は設備の劣化や環境要因で起きることが多いです。

それぞれ解説していきます。

水撃防止装置の劣化

水撃防止装置の劣化

https://onl.la/RKZmDnr

水撃防止装置の役割は、配管内の圧力を調整し、ウォーターハンマー現象を防止することです。

比較的新しい物件に取付けられていることが多いですが、古い物件には後付をしないといけません。

内部に衝撃を吸収する緩衝材が入っており、水道を止めたときの圧力を分散してくれます。

洗濯機はハンドル部分、キッチンやトイレの給水管は止水栓のハンドル部分や調整部分に取付けられる装置です。

この水撃防止装置が、「劣化により正しく機能しなくなっている」可能性があります。

疑わしい場合は、一度修理業者に見てもらったほうが良いでしょう。

給水量・給水圧力の増加調整

水撃防止装置が原因でなければ、水圧の変化が考えられるでしょう。

水圧は、周辺物件の数が増えると給水量が増え圧力が低下します。

そのため、給水が止まらないように水道局が圧力を増加させている可能性があります。

この場合は、自宅設備は変わっていないのに、急にウォーターハンマー現象が発生する場合もあるので、防ぎようがありません。

 

ウォーターハンマー現象を放置する3つのリスク

ウォーターハンマー現象を放置する3つのリスク

ウォーターハンマー現象の衝撃音の大きさは、環境により異なります。

「気にならないからいいか…」と放置しておくと、思わぬトラブルや、高額な出費に繋がる可能性もあるので要注意です。

ここでは、その危険な3つのリスクを解説します。

1|配管の損傷による漏水

ウォーターハンマー現象が起こる度に配管にダメージが蓄積されていくので、破損して見えない所で漏水を起こす可能性があります。

すぐには気づきにくいので、階下への漏水被害や周辺の劣化によるカビや腐敗に繋がり、大きな出費になることも。

早めに対処すれば、大きなトラブルにはならないので、早期解決が重要です。

2|給湯器・センサー・ポンプなどの故障・損傷

継続して衝撃を受け続けると、接続されている機器にも悪影響があります。

水温を測るセンサーが狂い温度がコントロールできなくなったり、水柱分離の衝撃により、ポンプが故障し水道が出にくい状態になることもあるでしょう。

給湯器やポンプの修理となると、高額な修理費用が必要になります。

安く対策できる内に、原因を突き止めることが大切です。

3|振動・騒音によるマンション住民からの苦情

古いマンション・アパートなどの物件では、ウォーターハンマー現象の振動や騒音が隣の部屋に伝わりやすくなります。

水道設備は毎日使用するので、継続的な振動や騒音で住民から苦情を受けることも

すると、深夜・早朝には気を使いながら水道を使う必要があり、快適に生活できません

周辺住民はもちろん、自身のためにもリスクは無くしておいたほうが良いでしょう。

 

ウォーターハンマー現象の対策方法

ウォーターハンマー現象の対策方法

ウォーターハンマー現象は水圧変化により起こるので、「急激な水圧の変化が起こらない」ことで解消されます。

ここからは、手軽にできる対策法や、業者に依頼して修理する方法などを紹介していきます。

蛇口を勢いよく閉めない

シングルレバータイプのハンドルを一気に締めると大きな水圧変化が起きるので、ウォーターハンマー現象の原因になります。

そのため、単純にゆっくり水道を締めると症状が起きないこともあります。

一方、水の止め方をコントロールできない「トイレ・洗濯機・食器洗浄機」は、この対策ができません。

トイレはフロートバルブが自動で閉まるので、止水栓の対策が必要になります。また洗濯機は、自動で水が止まるので、水撃防止装置での水圧調整が必要です。

なので、蛇口でウォーターハンマー現象が起きる場合のみ使える方法になります。

元栓や止水栓を少し締める

元栓や止水栓を閉めると給水量が減り、圧力が低下します

圧力が減るので衝撃は緩和されますが、「水が溜まるのが遅くなる」「トイレが流れにくくなる」などの問題は残り、根本的な解決にはなりません。

とはいえ応急処置には有効な手段なので、修理までの期間に使ってみてください。

水撃防止装置の取り付け・交換

前述したとおり、水撃防止装置は衝撃を分散してくれるので、取付けや交換を行うと症状が改善する可能性があります

圧力にもよるので確実に直る訳ではないが、衝撃を減らすもっとも現実的な対策方法です。

インターネットで購入できますが、取り付ける場所により設置する装置が異なるので、プロの業者に依頼して適した物を取付けましょう

配管の工事

築年数が古い物件は、水道管の劣化や構造の問題で起こる可能性があります。(構造の問題は新築でもありえます)

その場合は自分では直せないので、専門の業者に依頼しなくてはいけません。

配管の工事は大掛かりな作業になるため、管理会社に相談してみても良いでしょう

共有部分はもちろん、設備の箇所によっては管理会社が負担してくれる可能性もあります。

 

ウォーターハンマー現象の修理費用

ウォーターハンマー現象の修理費用

ウォーターハンマー現象の修理にかかる費用は、「水撃防止装置の取付け・交換」や「配管工事」です。

水撃防止装置の本体価格は5,000円〜20,000円程度です。

他には業者へ依頼する作業料金やその他諸経費が必要になります。

作業料金やその他諸経費は業者により異なるので、数社比較して依頼するのが良いでしょう。

配管工事に関しては、構造や配管の長さにより費用が異なるので相場がなく、見積もりが必須です。

こちらも複数の業者から見積を取り、納得できる業者を探しましょう。

 

ウォーターハンマー現象は業者での修理が安心

ウォーターハンマー現象は業者での修理が安心

ウォーターハンマー現象は見えない箇所で起こるので、素人が適切な判断をするのは難しいものです。

技術力のある業者に依頼し、確実に修理してもらいましょう。

水道修理業者は、深夜・早朝でも対応してくれるところも存在し、訪問までの時間も早いのが特徴です。

また、原因をきちんと突き止めて根本的な問題を解決してくれるので、安心して水道を使えるようになります。

業者を探すときは、ホームページで料金や実績の確認や、インターネット上の口コミの確認などで、優良業者を見つけることが重要です。

調べずに悪徳業者に依頼すると、高額請求やずさんな作業による症状の再発などが考えられます。

また、水撃防止装置は業者の選ぶ物を取付けましょう。自分で判断すると、状況に合わない物を購入する可能性があります。

 

ウォーターハンマー現象の修理はみんなの生活水道修理センター

ウォーターハンマー現象の修理はみんなの生活水道修理センター

みんなの生活水道修理センターは、年間実績10,000件の技術力の高い修理業者です。

また、水道局指定工事店なので、安心してご依頼いただけます。

ここからは、ウォーターハンマー現象の修理にも対応する、みんなの生活水道修理センターの魅力を解説します。

明朗会計でウォーターハンマー現象も安心修理

みんなの生活水道修理センターは、作業前の点検と依頼人への丁寧な説明を大切にしています

なぜなら、水道修理を依頼する方は不安を抱えている方が多いからです。

作業内容や、料金の内訳を丁寧に説明することで、依頼人も安心して任せてくれます。

料金や作業内容に不安のある方は、みんなの生活水道修理センターにご相談ください。

深夜・早朝にも対応する最短30分の即日対応

みんなの生活水道修理センターは、時間に関わらず素早い対応が自慢です。

日中に時間がない方や、急なトラブルでも迅速に対応し、症状の悪化を防ぎます。

ウォーターハンマー現象はもちろん、水周りの幅広いトラブルに対応できるので、ぜひ無料の出張見積もりを利用してみてください。

手厚い補償制度で修理後も安心が続く

作業中にトラブルが起きる可能性があるので、水回りの修理業者に補償制度は必須です。

補償制度を採用することにより、依頼人はもちろん、作用スタッフも自身を持って作業に取り組めます

みんなの生活水道修理センターでは

  • 作業中のトラブルに対応する「損害賠償保険」
  • 作業後のトラブルに対応する「無料補償制度」

以上2つ補償制度を用意しています。

そのため、水道修理でトラブルの経験がある方も安心してご依頼ください。

ウォーターハンマー現象は業者に依頼して早めに対処しよう

ウォーターハンマー現象を放置していると、被害が大きくなりトラブルの元になります。

それほど音が大きくなくても、早めに業者へ相談して症状が軽い内に対処しましょう

もし、「業者探しが面倒」「信頼できる業者を知らない」という方は、みんなの生活水道修理センターにご相談ください。

依頼人に合った修理プランをご提案します。

みんなの生活水道修理センターに無料相談

FAQ ウォーターハンマー現象のよくある質問

  • Qウォーターハンマー現象はなぜ起こるの?

    急に水道が閉まることで、水道管の中に強い圧力が生じるのが原因です。水撃防止装置の不具合や、水道圧の変化により起こることもあります。

  • Qウォーターハンマー現象の危険性は何?

    放置すると、水道管の劣化や漏水の危険性があります。また、漏水に伴い建物への被害や住人トラブルに繋がる恐れもあります。

  • Qウォーターハンマー現象の対策法は?

    水道の元栓を閉めて圧力を弱めたり、水撃防止装置を取付けて衝撃を分散したりすると、改善する可能性があります。元栓を閉める方法は根本的な解決になりません。また、水撃防止装置は状況に合った物を取り付ける必要があるので、プロの業者に依頼しましょう。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

東京・神奈川エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/