便でトイレつまりが起きた!解消法7選と事前対策3選|業者のメリットも紹介

便でトイレつまりが起きた!解消法7選と事前対策5選|業者のメリットも紹介
2021/08/24
2022/07/27

便によるトイレつまりはよく起きるトラブルの一つ。毎日使うトイレだからこそ、すぐに修理したいものです。しかし「自分で直す方法は?」「業者に頼んだほうが良いの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

トイレつまりは原因と目的に合わせて最適な方法を選ぶことが大切です。

 

そこで今回は、便によるトイレつまり解消法7選やトイレつまりの修理を業者に依頼するメリットを解説。また、料金相場や事前対策も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

注意!トイレつまりの修理は危険を伴う

トイレつまりは緊急性の高いトラブルのため、自分で直そうとする方がいます。しかし、間違った方法で対処すると、症状が悪化して修理費用が高額になる恐れがあります。

 

また、狭いトイレでの慣れない作業はケガやトラブルに繋がることも。そのため、自信がない方は業者に依頼したほうが安全です。もし自分で直したい場合は、次に紹介する解消法を試してみてください。

便によるトイレつまり解消法7選

便やトイレットペーパーによるつまりは水に溶けやすいため、紹介する方法で解消できる可能性があります。それぞれ作業手順と注意点を守り、解消されなければ無理をせず業者への依頼がおすすめです。

 

また、共通の注意点として「作業前に止水栓または元栓をしめておく」ことが大切。なぜなら、誤って水を流してしまうとトイレから汚水が溢れてしまうことがあるからです。

止水栓はトイレタンクの左右どちらかの給水管部分にあり、右に回すと水が流れません。元栓は水道メーターが設置してある場所にあるので確認しておきましょう。また、ウォシュレットの電源プラグも抜いておくと安心です。

 

1|放置する

便やトイレットペーパーのつまりは時間が経つと解消することがあります。特に、少しずつ水位が下がるようなつまりは2〜3時間放置していると、便は柔らかく、トイレットペーパーは溶けてつまりが改善することも。

注意点は焦って水を流さないことです。まずは止水栓を締めておきましょう。

 

まとめると、水位が下がる軽度のつまりは「焦って水を流さずに2〜3時間放置」すると、つまりが解消するかもしれないということです。難点は時間が必要なところ。急いでいる方は別の方法を試してみましょう。

2|お湯を入れる

便によるつまりは、お湯を使うと溶けるのが早く時短になることがあります。

手順

  1. お湯の効果を活かすために便器の水を汲み出す(バケツや給水ポンプ、底を切ったペットボトルなどを使う)
  2. 便器の半分までお湯を注ぐ
  3. 放置する

注意点

  • お湯は40℃〜60℃までにする
    熱湯を入れてしまうと便器に亀裂が入る恐れがあります。そうなれば便器を交換しなければなら
    ず、高額な修理費用が発生するため温度には気をつけましょう。
  • お湯は高い位置から注ぐ

 

自宅の水道が温度設定できなければ、熱湯に同量の水を入れると50℃付近にできるので試してみましょう。

3|洗剤を使う

アルカリ性の洗剤を使って便を流れやすくする方法です。アルカリ性の洗剤はタンパク質を分解する効果があります。そのため、便を分解してつまりを解消できるかもしれません。

作業手順

  1. 汚水を汲み出す
  2. 洗剤を100ml入れる
  3. 40℃〜60℃のお湯を高い位置から入れる
  4. 20分〜30分待つ
  5. バケツなどで水を流しつまりを確認する

注意点

  • 酸性の洗剤と一緒に使うと危険
  • お湯の温度を守る

洗剤の種類は、トイレ用・食器用・お風呂用などアルカリ性のお湯に溶けやすいものであれば使用できます。しかし、有機ガラスなど陶器以外のトイレは使用できる洗剤が限定されるため確認が必要です。

4|重曹とクエン酸を使う

重曹とクエン酸を使うと、炭酸ガスが発生してトイレットペーパーや便が溶けやすくなる効果があります。また、クエン酸の代わりにお酢でも代用可能です。

作業手順

  1. 二酸化炭素が発生するため作業前に換気をしておく
  2. 汚水を汲み出す
  3. 重曹50ml・クエン酸100mlの順番に入れる
  4. 十分に発泡したらお湯(40℃〜60℃)を高い位置から排水口にめがけて注ぐ
  5. 便器にフタをして1時間ほど待つ
  6. バケツなどで水を流しつまりを確認する

注意点

  • 重曹→クエン酸の順で入れないと発泡時間が短くなる
  • お湯の温度を守る
  • 十分に発泡させて泡を奥まで届ける
  • お湯の量は排水口の穴が浸かる程度にする

また、クエン酸と重曹どちらも含むベーキングパウダーでも代用できますが、分量が2倍ほど必要で効果は落ちるため、どうしても用意できないときに試してみましょう。

5|市販の薬剤を使用する

市販のトイレ用薬剤などを使ってつまりを解消する方法です。薬剤には髪の毛を溶かすほどの強い効果があるため、取り扱う際はマスクやメガネをつけましょう。

作業手順

  1. 換気やメガネ・マスクなどの準備をする
  2. 汚水を汲み出す
  3. 薬剤を入れる(商品の指定分量)
  4. 50℃〜60℃のお湯を入れる(水でも良いがお湯の方が効果的)
  5. 便器にフタをして30分〜1時間待つ
  6. バケツなどで水を流しつまりを確認する

注意点

  • 薬剤が目や口に入らないよう注意する
  • 便器や排水管を傷める恐れがあるので分量を守る
  • 他の薬品や洗剤と混ぜない
  • トイレットペーパーは溶けない
  • 購入時は商品の効果や目的を確認する

洗剤や重曹+クエン酸などを試してみて効果がなければ試してみたい方法です。

6|プランジャー(ラバーカップ)を使用する

プランジャーは排水口に押し付け、引き上げる際の吸引力でつまりを解消する道具です。プランジャーには以下の3つの種類があります。

  1. カップの底に出っ張りがある洋式用
  2. 出っ張りのない和式用
  3. カップの密着性を高めるツバのついた節水トイレ用

自宅のトイレに合った商品を購入しましょう。

作業手順

  1. カップが隠れる程度に水量を調整する
  2. 排水口にカップを平行にゆっくり押し付ける
  3. 水がはねない程度に勢いよくカップを引く(このときに吸引する)
  4. 数回繰り返す

プランジャーを使うコツは「しっかり密着させて引き上げるときに力を入れる」ことです。使い方で効果に差が出るので意識して使いましょう。

注意点

  • 便のつまり以外に使用すると排水管でつまりが悪化する恐れがある
  • 水がない状態では効果がない
  • ビニールを便器に被せ、穴を開けてカップを使うと水はね防止になる

プランジャーは先に紹介したお湯・洗剤・重曹+クエン酸などの仕上げに使うとより効果的になります。もしものときに役立つアイテムなので、予め購入しておいて損はない商品でしょう。

7|プロの修理業者に依頼する

自分でトイレつまりを直すのは時間と体力を使い、なによりストレスのある作業です。一方、業者に依頼すると早く確実に直せるので、より効率的で楽な方法といえるでしょう。

 

そして、便によるトイレつまりは「3,500円〜10,000円」程が相場です。自分で作業するストレスや時間を考えると「安い出費」と考えられるでしょう。

 

また、便のつまり以外が原因であれば、自分で直すと悪化することがあり数万円の出費になることもあります。業者に依頼するとそのようなリスクを抑えられるため安心です。

 

さらに、感染症のリスクや根本的な原因が解消されていない場合があります。そのため、一度業者に見てもらうのは長期的にみて得策といえます。

 

注意点

  • 悪徳業者もいるため業者の情報を集めて数社比較する
  • ホームページがない、住所・電話番号などの情報がない業者は要注意
  • 無料見積りができる業者を探す
  • 便以外の原因(固形物を落とすなど)であれば初めから業者に依頼する

業者によって料金や技術に差があるため、実績やサービス内容などを含めリサーチが大切です。

トイレつまりを修理業者に依頼する5つのメリット

トイレつまりを自分で直す方法を紹介してきましたが、早く確実に直せるのはプロの修理業者への依頼です。リスクを低減させ、時間・体力を使うこと無くつまりを解消できます。

ここからは、トイレつまりを業者に依頼するメリットを5つ紹介します。

1|つらい作業をしなくて良い

自宅のトイレといえど、つまりを自分で直す作業はつらくストレスの溜まる作業です。跳ねる汚水、溜まった便のニオイ、トイレでの長時間作業など、狭いトイレで気を使いながらの作業になります。

 

さらに、時間をかけて作業しても直る保証はありません。しかし、業者に依頼すると自分で作業せずに最適な方法で修理してくれます。

 

「仕事や家事以外でストレスを感じたくない」「したくない作業に時間を取られたくない」という方は、プロに任せることをおすすめします。

2|軽度なつまりなら低価格で直せる

便やトイレットペーパーでのつまりは軽度なことが多く、トイレの脱着や高圧洗浄機など高額な作業になりづらいのが特徴です。

 

「業者に依頼すると高額な費用をとられる」と考える方もいますが、優良業者に依頼すれば数千円でつまりを解消できることもあります。無料見積りをおこなっている業者もあるので、費用が心配な方はまずは見積もりだけ依頼してみましょう。

3|対応が早く無駄な時間を使わなくて済む

トイレつまりは緊急性のあるトラブル。そのため、迅速な訪問と作業を徹底した業者が多いのが特徴です。早ければ30分以内で到着する業者もいるため「トイレが使えないと困る」という方に最適な方法が業者への依頼といえます。

 

また、依頼の際には症状やトイレの状況を正確に伝えることで、最適な方法や道具を準備してくれるため素早くつまりを解消できます。このように、迅速な対応で時短に繋がるところが業者を利用するメリットです。

4|保証や保険で故障のリスクを減らせる

トイレつまりは原因を目視できないので、間違った方法で修理すると故障や症状の悪化を招くことがあります。そして、自分で壊すと実費で直すしかないので大きな出費になることも。

 

その点、優良業者では損害賠償保険や保証、クーリングオフ制度を導入しているところもあるため、もしトラブルが起こっても対応してくれます。

 

「リスクを犯したくない」「確実に修理したい」という方は業者に依頼することをおすすめします。

5|優良業者との繋がりができる

トイレつまりを修理できる業者の多くは、他に水回りのトラブルが起こったときにも対応できます。そのため、気軽に依頼できる業者がいると色々なトラブルを解消でき便利です。

 

また、予防や注意点などプロのアドバイスも貰えるため、信頼できる業者をみつけておくと日常生活の不安を減らすことができます。

 

このような「トラブルが起こったときに安心して依頼できる業者を知っている」のは、あせって症状を悪化させたり、悪徳業者に依頼するリスクも抑えられるため重要なメリットです。

トイレつまりはみんなの生活水道修理センターでスピード解決!

みんなの生活水道修理センター

https://minsui-center.com/

みんなの生活水道修理センターは「お客様満足度95.3%」「リピーター率93,8%」「クレーム率0.01%という高い満足度を提供するしています。また、年間10,000件以上の対応実績があり、質の高い作業や接客が評判です。

 

ここからは、みんなの生活水道修理センターでトイレつまりを修理するメリットを紹介します。

明快・激安料金でトイレつまりを直せる

トイレつまりは作業の難易度や使用する道具により料金が異なります。業者によっては不明確な見積もりや追加費用を請求することがあり、トラブルに巻き込まれることも。

 

その点、みんなの生活水道修理センターでは「作業料3,000円+部品代」というシンプルな料金設定のため、わかりやすく納得の激安料金でトイレつまりを直せます。

 

後から追加費用が発生することもないため、安心して依頼できます。また、出張・点検・見積もりが全て無料なので、まずは無料で見積もりをご依頼ください。

「最短30分到着の即日対応」は「365日24時間利用可能

トイレつまりはすぐに直したいトラブルなので、対応の遅い業者は優良業者とはいえません。また、土日や祝日など対応できない業者も利用しづらいです。

 

みんなの生活水道修理センターは「最短30分到着の即日対応」「365日24時間」利用できます。いつでもトイレつまりを修理できるので、早朝や深夜でもお気軽にご相談ください。

充実のアフターサービスで損をしない

トイレ修理ではトラブルが起きることもあります。そんなときでも、みんなの生活水道修理センターなら3つのアフターサービスがあるので安心です。

  1. 保険加入でトラブルがあっても安心
  2. 無料保証制度でお客さまの負担なく対応
  3. クーリングオフ制度で契約の撤回ができる

以上のように、不測の事態にも万全のアフターサービスでお客さまが損をすることはありません。

便によるトイレつまりを起こさせない!事前対策3選

便によるトイレつまりは事前に対策可能です。すると、トラブルの数が減り無駄な時間や費用をかけずに済みます。特に紹介する3つの方法を意識しておけば、トイレつまりの可能性を減らせるため参考にしてください。

1|腸内環境を良くする

便によるトイレつまりは「大きく硬い便」により起こるケースが多いです。そのため、便が硬い人がいる家庭の方が、トイレつまりが起こりやすいといわれています。

 

その対策として、ヨーグルトや食物繊維などを摂り、便を適切な硬さに保つ方法があります。トイレつまり防止だけでなく、健康への配慮にも繋がるため実践してみて損はない方法といえるでしょう。

2|トイレットペーパー・便を一気に流さない

トイレットペーパーや便を溜めて、一気に流すとトイレつまりが起きやすいです。そのため、便が溜まっている方や、トイレットペーパーを大量に使う方は要注意です。

 

つまりを防ぐには「量が多くなりそうなときは数回にわけて流す」のが効果的です。「水がもったいない」という方もいらっしゃいますが、トイレつまりを直す費用や時間を考えると良い方法といえます。

 

毎回ではなく「今日は多いな」というときは数回にわけて流すようにしてみましょう。

3|節水対策で水流を弱めない

節水のために、タンクにペットボトルを入れる方がいます。しかし、節水対策には「水流を弱める」というデメリットもあります。

 

水流が弱まると、便が中途半端に流れてつまりの原因になることも。また、近年の便器は節水対策がされているものが多いため、新しい便器での節水対策はやめておきましょう。

トイレつまり解消はルールを守って安全に!スピード重視なら業者がおすすめ

トイレつまりの解消方法7選を紹介しました。各注意点を守り段階的におこなってみましょう。また、つまりを防ぐための事前対策も実践してみてください。

 

また「安全に直したい」「自分で作業したくない」という方は、みんなの生活水道修理センターまでご相談ください。プロの技術で迅速・低価格でトイレつまりを修理します。

みんなの生活水道修理センターの無料見積もりはコチラ!

FAQ 便のトイレつまりに関するよくある質問

  • Q便でトイレつまりが起きたらまず何をすれば良いの?

    まずはトイレタンクの側面か床面にある「止水栓」を止め、水が流れないようにしてください
    つまった状態で水を流してしまうと、便器から溢れる恐れがあります。

    またウォシュレットを付けている方は、電源プラグを抜いておいてください
    修理作業中に作動すると、トイレ内が水浸しになってしまいます。

    トイレがつまったときは、まず二次被害を防ぐために上記の行動を取りましょう。

  • Q便が原因のトイレつまりは自分で直せるの?

    直せる場合もあります。
    お湯・洗剤・クエン酸と重曹・プランジャー・市販の薬剤など使用可能です。

    しかし、手順や注意点を守らないと症状の悪化や便器が破損する可能性があります
    記事内に詳しい修理方法を掲載しているので、参考にしてみてください。

  • Qいろいろ試したけど便のトイレつまりが直らない!どうしたら良い?

    いくつかの方法を試して解消されない場合、専門業者への依頼がもっとも安全です。
    無理をして便器を破損させてしまうと、高額な交換費用が必要になります

    みんなの生活水道修理センターは出張見積もり無料で原因を調査できるので、ご相談ください。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

東京・神奈川エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/