トイレの交換工事の費用相場はいくら?リフォーム業者の選び方

トイレの交換工事の費用相場はいくら?リフォーム業者の選び方
2022/04/06
2024/05/04

この記事では、トイレの交換工事にかかる費用について解説します。

トイレの交換をする際の費用の内訳ごとの相場やリフォーム、工事依頼ができる業者の選び方も紹介。

トイレ交換を含め、トイレのリフォームを考えている方は必見です。

 

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

トイレ交換工事に必要な3つの費用

トイレ交換工事に必要な3つの費用

まずは、トイレ交換の際にかかる費用について主な3つを紹介します。

トイレの交換工事費用は以下の3種類がメインです。

  1. トイレ購入費用
  2. 交換工事の費用
  3. 処分費用

それぞれの費用の相場について理解をしておきましょう。

リフォーム工事を依頼する業者にすべてお任せして依頼することで、ワンストップでリフォームができるので便利です。

トイレ交換時の本体の購入を自分で行い、工事だけを業者に依頼することもできます。

本体の購入が安くできる場合は、工事費用だけで済むため、トータル料金が安く抑えられることもあるでしょう。

ただし、自宅のトイレに設置できる便器であることなど、ある程度の知識がないとむずかしいです。

トイレ交換にかかる合計費用の相場

交換するトイレの種類 合計費用の相場
分離型トイレ 7万円~9万円
一体型トイレ 9万円~19万円
タンクレス型トイレ 14万円~24万円
システムトイレ 25万円~

 

交換用トイレ購入費用の相場

交換用トイレの購入費用の相場は、3万円~20万円ほどと大きく幅があります。

購入費用とは、トイレの本体価格を指しており、高機能のトイレであるほど本体価格は高くなります。

しかし、業者に応じて仕入状況は異なり価格が変動することを覚えておきましょう。

トイレの種類によっても費用相場が異なります。

交換するトイレの種類 本体価格の相場
分離型トイレ 3万円~5万円
一体型トイレ 5万円~15万円
タンクレス型トイレ 10万円~20万円
システムトイレ 22万円~

 

トイレ交換工事の費用相場

実際のトイレ交換工事をする際にかかる費用の相場は3万円ほどです。

交換工事費用には、下記のような費用が含まれます。

  • 出張費
  • 既存トイレの撤去費用
  • 新設トイレの操作説明
  • トイレ工事の保証代金
  • 諸経費

交換工事の費用を安く抑えたい方は、自宅近くにある水道修理工事業者に依頼すれば、出張費が安く抑えられます。

諸経費名称 料金相場
基本料金 2千円~4千円
出張費 無料~4千円
見積り料金 無料のことが多い

 

交換後の古いトイレの処分費用

既存トイレの撤去工事をしてもらった後に処分を依頼しなければいけません。

トイレは粗大ゴミの扱いとなります。

自治体の粗大ゴミで出せる場合は、数千円ほどが相場です。

ただし、自治体の粗大ゴミで回収してくれるエリアはごくわずかしかなく、自分で処分する場合は、不用品回収業者などに依頼することになるでしょう。

不用品回収業者などに交換後の古いトイレの処分を依頼すると相場は約1万円です。

リフォーム会社や工事会社にトイレ交換工事を依頼する場合は、交換後のトイレ処分費用も含めて見積りを出してくれます。

 

トイレ交換以外の内装リフォームにかかる費用

トイレ交換以外の内装リフォームにかかる費用

ここからは、トイレ交換以外のトイレの内装リフォームを依頼した際にかかる費用について解説します。

トイレ交換をする際には、一緒に床材やクッションフロアの張替えを行うケースが実に50%を超えるデータもあります。

さらにトイレの壁紙もまとめて張替えをする方も。

トイレ交換+内装リフォームの費用も合わせて検討してみてください。

 

床材・クッションフロアの張替え

床材やクッションフロアの張替えは、トイレ交換と一緒に行う方が多いです。

理由としては、トイレ交換によって古いトイレを設置した跡が残っているためです。

また、トイレを設置した状態で、床材やクッションフロアをきれいに張替えるのが難しいという理由で、トイレ交換時に依頼するケースが多く見られます。

床の張替え費用は、2万円~12万円が相場です。

床に使う素材によっても多少変わります。

床の素材 費用相場
クッションフロア 2万~4万円
フロアタイル 3万~5万円
フローリング 5万~10万円
タイル 5万~12万円
ハピアフロア 8万~12万円

ハピアフロアとは、大建工業の特殊加工化粧シート床材のことです。

トイレの床に使用すると引きずり傷や凹み傷が付きにくいなどのメリットがあります。

石目柄のハピアフロアは高級感があるのも特徴です。

 

壁紙の張替え

トイレ交換と同時に依頼することが多いもう一つは、壁紙の張替えです。

床の張替えをせずに、トイレ交換と壁紙交換だけを依頼するケースは多くはありません。

トイレ交換と床材の張替え、壁紙の張替えを全部依頼するケースがほとんどです。

広いトイレになればなるほど、多くの壁紙が必要なので費用は高くなります。

1㎡あたり2,500円~3,500円ほどが相場です。

一般的なトイレの壁面積が15~20㎡なので、5万円ほどが壁紙の張替えにかかります

高機能の壁紙に張替える場合でも、7万円~8万円ほど。

トイレの壁紙の張替えで10万円を超えることはめったにありません。

 

トイレ交換工事の前に決める5つのこと

トイレ交換工事の前に決める5つのこと

トイレ交換工事を業者に依頼する前に、どのような製品を購入するか選びます。

トイレを選ぶ基準は5つです。

  • 種類
  • 排水方式
  • 便座
  • 洗浄方式
  • メーカー

それぞれの基準について解説していきます。

 

種類

トイレの種類は3つに分類できます。

種類に応じてメリット・デメリットが異なります。

トイレタイプ メリット デメリット
分離型トイレ 故障しても部分交換ができる 掃除がしづらい
スタイリッシュではない
一体型トイレ お手入れが簡単
スタイリッシュ
故障したら全部を交換する
機能の組み合わせができない
タンクレス型トイレ スタイリッシュ
お手入れが簡単
節水型である
高機能
停電時に水が流せない
手洗いが付いていない
水圧が低いと設置できない

 

排水方式

排水方式には、床排水と壁排水があります。

・床排水

一般的な排水方式で、下に向かって汚水が流れていきます。

主に戸建てで採用されており、トイレの背面がスッキリしているのが特徴的です。

・壁排水

マンションなどの集合住宅に多く、トイレの工法や左右の壁に向かって汚水が流れていきます

トイレ本体の背面や左右に配管がはる場合は壁排水、ない場合は床排水です。

どちらのタイプであるかを事前に確認しておきましょう。

 

便座

トイレの便座は3つの種類に分類されます。

種類に応じたメリット・デメリットは以下の通りです。

便座種類 メリット デメリット
普通便座 価格や維持費が高い 便座が冷える
暖房便座 便座が暖かい 電気代がかかる
温水洗浄便座 ウォシュレットの豊富な機能が付いている 高額で電気代がかかる

 

洗浄方式

トイレの洗浄方式にも種類があります。

日頃のお手入れに影響する部分なので、妥協をせずに選びましょう。

  • サイホン式:溜水面が広く、ニオイや汚物の付着が少ない。スタンダード方式。
  • サイホンホルテックス式:洗浄時に空気の混入が少ないため、洗浄音が静かである。
  • エアドライブ式:水と空気の力を利用して、シッカリ洗浄できる
  • パワードライブ式:加圧した水をして洗浄するため、強力に洗浄できる

 

メーカー

トイレを製造するメーカーにより、主力の機能が異なります。

 

TOTO

TOTOは「きれい除菌水」が主力機能としてついています。

トイレ使用後に「きれい除菌水」を便器にふきかけるので、汚れが付着しにいです。トイレのキレイな状態が長持ちします。

また、3つのメーカーの中でも節水力が高いことでも有名です。

 

LIXIL

LIXILのトイレは、プラズマ放電により活性酸素を発生させ、トイレに浮遊するカビを除菌する機能が搭載されています。

また、トイレ本体にも最近の繁殖を抑制する抗菌樹脂を採用しているため、カビ菌が気になる方におすすめのメーカーです。

 

Panasonic

Panasonicは、トイレに嫌なニオイを取り除いてくれる「ナノイーX」を放出できることが魅力となっています。

来客時などはトイレの不快なニオイが気になるかもしれません。このような心配をせずに済むため、トイレのニオイを最優先で考えたい方におすすめのメーカーです。

 

トイレ交換工事の費用を抑える優良業者の選び方

トイレ交換工事の費用を抑える優良業者の選び方

トイレ交換工事の依頼方法について理解して頂けたと思います。

最後に、信頼できるトイレ工事交換業者の選び方を覚えておきましょう。

 

価格

トイレ交換工事の費用が安いに越したことはありません。

同じ種類のトイレにも関わらず、見積金額に差額が出ることがあります。

  • 拠点から現場までの距離が近くて、出張費がかからない
  • 大量の水回り設備を仕入れていてディスカウントができる
  • リピーター顧客が多くて安定経営ができている

上記のような理由で安さを実現している業者を選んでください。

価格の安さに自信を持っている業者は公式ホームページで料金体系が詳しく記載されていることが多いです。そのため、依頼前にはホームページを確認するようにしましょう。

 

スタッフの対応力

お問い合わせ後の電話対応や見積依頼の担当者の対応力から、安心してお任せできるかを見極めてください。

少しでも不安なことができたら、恥ずかしがらずにスタッフへ質問してください。

お客様に寄り添って「丁寧」「親切」「迅速」に対応してくれるスタッフに依頼をすれば、トラブルなく満足度の高いサービスが受けられるでしょう。

 

実績

トイレ交換工事を依頼する業者を選ぶ場合は、可能な限り実績を豊富に持つ人に依頼しましょう。

実績が豊富な業者であれば、これまで培った経験を活かして提案をしてくれます。

また、テキパキと工事をしてくれて待たされる心配もありません。

そのため、ホームページにトイレ交換工事の実績が掲載されているかを確認してください。

 

保証

業者の中には、トイレ交換工事に施工保証を付けているところもあります。

例えば、トイレの交換工事をした直後に水漏れトラブルが起きた場合は、その業者が責任を持って修理してくれます。

交換工事後のトラブルが不安という方は、保証が付いている業者を選ぶようにしましょう。

 

補足:依頼する前にホームページを確認しよう

トイレ交換工事を依頼する前にホームページを確認してください。

ホームページ上でキャペーンの告知をしていたり、Webクーポンが配布されていたりします。

これを上手く活用すれば、お得にトイレ交換工事ができます。

そのため、トイレ交換工事を依頼する前にホームページを確認するようにしましょう。

 

トイレ交換工事相談も「みんなの生活水道修理センター」へ!

トイレ交換工事の費用相場を把握して損しないようにしよう
今回はトイレ交換工事で満足するための依頼方法をご紹介しました。

トイレの種類やメーカーの特徴など、トイレの選び方を覚えておくことで満足度は上がります。

また、見積費用の平均相場や業者の選び方を覚えておくと、トイレ交換工事で損をする心配もありません。

この記事では、トイレ交換工事のポイントを解説してきました。

そのため、この記事を参考にしながら、トイレ交換工事を依頼してみてください。

もし、どこの業者に依頼すれば良いか分からないという悩みを抱えた場合は「みんなの生活水道修理センター」までお気軽にご相談ください。

これまでの実績を活かして、お客様に最適なトイレの提案から工事まで担当させていただきます。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積りはこちら!

FAQ トイレの交換工事に関するよくある質問

  • Qトイレ交換工事のトラブルを防止する方法はありますか?

    トイレ交換工事でよくあるトラブルは「追加料金」「高額請求」です。
    そのため、水道修理工事業者が提出した見積金額が高ければ、他の業者に見積依頼をしてみましょう。

    少しでも疑問に感じることがあったら、質問をしてください。
    また、不安が拭えなければ契約をするのを控えましょう。このような配慮をするだけでも、トイレ交換工事のトラブルは防止できます。

  • Qインターネットでトイレを購入した方が安いですか?

    インターネット経由でトイレが販売されていますが、水道修理工事業者に依頼した方が安いです。
    トイレ交換工事費用を安く抑えたい方は、

    ・自宅近くにある水道修理業者を手配して「出張費」を安く抑える
    ・水道修理工事業者が大量に仕入れている「機種」を選ぶ

    などすれば、コストが安く抑えられます。

  • Qトイレ交換工事の保証期間中は、どこに依頼すべきですか?

    トイレ交換工事をした後に不具合が出たら、保証書に記載されている連絡先にお問い合わせください。

    ・製品保証:メーカー
    ・工事保証:施工店

    となります。
    製品保証はトイレを購入した際に必ず付いていますが、工事保証は水道修理工事業者により渡されるかが異なります。 少しでも不安を感じる方は、工事保証が出る水道修理工事業者にトイレ交換工事を依頼してみてください。

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/