トイレつまりなどの急な水道トラブルはみんなの生活水道修理センターへ!

水位が低いのはトイレつまりのサイン?現象の原因や解消法を解説

水位が低いのはトイレつまりのサイン?現象の原因や解消法を解説
2024/07/02

トイレの水位が低い場合の原因や対処法を紹介しています。

トイレつまりが原因で水位が低い場合の問題解決方法もお伝えしていますので、自力で改善する方法を知りたいというかたも安心です。

うまく水位が回復しない場合の相談先も紹介していますので、あわせて参考にしてください。

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

水位が低いのはトイレつまりのサイン?

トイレの水位が低いのはつまりのサイン?

トイレの便器内の水位が普段より低くなっているのに気づいたときは注意が必要です。水位の低下はトイレのつまりや異常を示すサインかもしれません。

便器内の水は「封水」と呼ばれ、排水管から悪臭や害虫が室内に入るのを防ぐ重要な役割を果たしています。トイレットペーパーや異物が便器や排水管につまると、封水がペーパーに吸い取られて水位が下がります。

放っておくと悪臭が排水管からトイレ個室内へ上がってくるほか、つまりがさらに悪化したりする恐れがあります。様子を見ていても水位が低いままの場合や、何度も繰り返すような場合はなんらかの対処が必要です。

トイレの水位が低いときに考えられる主な原因は?

トイレの水位が低いときに考えられる主な原因は?

トイレの水位が低くなってしまう際、必ずしもそれが「トイレつまり」によるものとは限りません。具体的にどのような原因が考えられるのか、いくつかわかりやすくまとめました。

トイレのつまり(つまりかけている状態)によるもの

トイレットペーパーや排泄物などがトイレの排水管につまることで、水位が下がることがあります。毛細管現象が起こり、便器内の水分が吸収されてしまうためです。

毛細管現象とは、つまっている異物が便器内の水を吸い上げてしまう現象のことをいいます。トイレットペーパーを大量に流したり、ティッシュペーパーのような水に溶けにくいものを流したりするとこのような状態が起こりやすくなります。

普段使用しているうち徐々に水位が低くなってきたと感じる場合は、こうした水を吸うタイプの物がつまっている可能性が高いでしょう。

誘引現象(サイホン現象)の発生

トイレにつながる排水管で水が勢いよく流れると、それに引っ張られるように便器内の水も流れ出て、水位が下がることがあります。トイレの水位が下がる原因として、誘引現象(サイホン現象)が発生していることが考えられます。

誘引現象(サイホン現象)とは、排水管などへ水が勢いよく流れたとき、その水の流れに引っ張られるようにして、便器内の水も一緒に排出されてしまう現象です。特に集合住宅などで排水管が共用されている場合、他の部屋で大量の水を流すと発生しやすくなります。

 

誘引現象(サイホン現象)が起きると、トイレの水位が下がった状態のままになってしまいます。普段と比べて水位が低いと感じたら、この現象が起きている可能性があります。

ただし根本解決のためには、排水管の清掃や改修工事を行わなければなりません。マンションなどの場合は、管理会社などに相談する必要があるでしょう。

便器や排水管の破損・水漏れ

トイレつまり以外でも、便器や排水管に破損やひび割れがあると水漏れを起こし、トイレの水位が低くなってしまうことがあります。

便器の破損は目視で確認できる場合もありますが、排水管の水漏れは発見が遅れがちです。床下や壁内で水漏れが進行し、いつの間にか便器の水位が下がっていたということも。

破損箇所が小さければ補修剤で応急処置できることもありますが、その場しのぎにしかならないためおすすめできません。便器や排水管の破損によって水位が低くなってしまう場合は、早急にプロに相談しましょう。

封水の蒸発によるもの

トイレの水位が低い原因として、封水の蒸発が考えられます。たとえば長期間トイレを使用しない場合や空調などで室内が乾燥している場合、この封水が蒸発して水位が下がることがあるのです。

たとえば以下のようなケースで、便器内の水が蒸発(封水切れといいます)してしまう場合があります。

  • 長期間の旅行で不在にしていた
  • 空き家物件でトイレを使用していない
  • 気温上昇や住宅環境の影響(高温多湿)

蒸発が原因の場合、トイレを使用すれば水位は元に戻るので心配ありません。

ただし、水位の低下が続く場合はつまりなど他の原因の可能性もあるため、注意深く観察しましょう。蒸発以外の原因が疑われる場合は、早めに専門家に相談することをおすすめします。

トイレタンクから流れ込む水量が少なくなっている

トイレタンクから便器に流れ込む水の量が減ると、便器内の水位が低下します。この原因としては、タンク内の部品の劣化や故障が考えられます。

たとえば、ボールタップやフロートバルブの不具合で、タンク内に溜まる水の量が少なくなると水位も下がります。また、タンクと便器をつなぐ補助水管のつまりや外れにより、便器へ十分な水が流れてこなくなってしまうこともあります。

タンク内部の点検を行い、故障している部品を交換するなどの対処が必要です。

トイレの水位が低い場合はどうすればいい?

トイレの水位が低い場合はどうすればいい?

トイレの水位が低くなる場合、トイレのつまりが最も多い原因です。便器や排水管の不具合・破損、蒸発による封水切れなど、さまざまな要因で便器内の水位低下が起こることがあります。

原因によって対処法も異なるため、まずは大まかに原因を探ることが大切です。

ここではトイレの水位が低いと気が付いたときに取るべき行動や、チェックポイントについて解説します。

便器や排水管の破損をチェックする

トイレの水位が低い原因のなかで、もっとも緊急を要するのが便器のひび割れや排水管の破損です。便器にひびが入っていたり、排水管が腐食していたりすると、水漏れが発生して水位が下がります。

まずは目視でひびや腐食がないか確認しましょう。トイレの周りが濡れていないかもチェックが必要です。

少量の水漏れは見落としやすいので、トイレマットを外して床の状態もよく観察してください。破損箇所が見つかった場合は、応急処置として破損部分をテープなどで塞ぎ、すぐに業者に修理を依頼しましょう。

破損が広範囲に及ぶ場合は部品交換が必要になるため、素人判断で修理するのは避けた方が無難です。

トイレタンクや補助水管の不具合を確認する

トイレの水位が低い原因として、トイレタンクや補助水管などタンク内パーツの不具合も考えられます。

トイレタンクから便器に水を供給する際、ボールタップとオーバーフロー管の間にある補助水管というゴム管を通ります。この補助水管が外れていたり、破損していたりすると、便器に十分な水が供給されず水位が下がります。

トイレタンクのふたを開けて、補助水管がしっかりと接続されているか、破損がないかを確認しましょう。不具合があれば補助水管を交換するか、正しく取り付け直すことで水位の問題を解消できます。

もしも手に余るような場合は、専門業者に修理を依頼しましょう。

便器内に水を足してみる

トイレの水位が低く特に異常がみられない場合には、便器内に水を流しいれてみましょう。蒸発や誘引現象で一時的に水位が下がっただけなら、水を足すことで元の水位に戻ります。

水を足してみて再び水位が低くならなければ、それで問題解決です。このように水位の回復具合を見るだけでも、トラブルの原因を絞り込むことができるでしょう。

一方、水を足してもすぐに水位が下がってしまう場合は、便器の破損やトイレつまりの可能性が考えられます。水を足しても水位が維持されないときは、早めに専門業者に点検・修理を依頼することをおすすめします。

トイレのつまりを解消する

トイレのつまりが原因で水位が低くなっている場合は、つまりを解消することで水位を元に戻すことができます。

たとえば以下のようなものを流した後で水位が低いことに気が付いた場合には、つまりを取り除く方法がおすすめです。

  • 大量のトイレットペーパー
  • 大量の排泄物
  • 嘔吐物・食べ残し
  • ティッシュペーパーやお掃除シート
  • オムツや生理用品
  • トイレへの落下物(固形物)

ただしおむつや生理用品、固形物など自力で取り除くのが困難な物もあります。どのような物がつまっているのかも見極めて対処することが大切です。

水位が低い場合のトイレのつまり解消法

水位が低い場合のトイレのつまり解消法

トイレのつまりが原因でトイレ内の水位が低い場合の、つまり解消法をいくつか紹介します。

一定時間放置して様子を見てみる

トイレのつまりによって水位が低くなっている場合、まずは数時間様子を見るのがおすすめです。トイレットペーパーや排泄物など水に溶けやすいものによる軽度のつまりであれば、時間の経過とともに水に溶けて自然に流れることがあります。

ただし、固形物や大量のトイレットペーパーによるつまりの場合は、放置しても改善しないことが多いです。水位の回復が見られない場合は、ほかの方法を試してみましょう。

水やお湯を流した勢いでつまりを取り除く

水やお湯をトイレに流しいれ、水圧の力でつまりを押し流す方法もあります。この方法は、トイレットペーパーや排泄物など水に溶けるものがつまっているようなときの水位低下に有効です。バケツに40〜60度のお湯を入れ、高い位置から排水口に落とすようにして流しこみます。

水やお湯を流す際は、便器から水があふれ出さないよう注意が必要です。水位を確認しながら、ゆっくりと流すようにしましょう。また陶器への悪影響を防ぐため、お湯の温度は熱くても60℃以下になるよう注意が必要です。

無理に水を流し続けると、かえって状況が悪化してしまう恐れがあるので注意が必要です。何度か繰り返し流しても改善が見られない場合は、他の方法を試すか、水道修理業者に依頼することをおすすめします。

ラバーカップ(スッポン)を使う

ラバーカップはトイレのつまりを解消するのに効果的なツールです。

使い方は、まずラバーカップを水に浸してから便器の排水口にしっかりと密着させます。そして、勢いよく上下に動かしてポンプのように圧力をかけていきます。この動作を繰り返すことで、つまりの原因となっている異物を吸い上げて除去することができます。

ラバーカップは100円ショップでも手に入る手軽なツールなので、トイレの水位低下に気づいたらまず試してみる価値があります。ただし無理に力を入れすぎるとつまりがさらに奥に押し込まれてしまう恐れがあるので、様子を見ながら慎重に行うことが大切です。

ワイヤーブラシ(パイプクリーナー)を使う

トイレつまりが原因で水位が下がっている場合、ワイヤーブラシ(パイプクリーナー)を使ってつまりを取り除くのも効果的な方法です。

ワイヤーブラシを排水口に差し込み、ゆっくりと回転させながら奥へ押し進めます。抵抗を感じたら、そこがつまっている箇所です。ワイヤーブラシを前後に動かしながら、つまりを少しずつ取り除いていきましょう。

作業中は汚水が飛び散る可能性があるため、周囲にビニールシートや新聞紙を敷いて養生すると安心です。ワイヤーブラシでつまりを取り除いた後は、水を流して排水の状態を確認します。これでも水位が正常に戻らない場合は、無理をせずに専門家に依頼することをおすすめします。

少しずつ流れるトイレつまりは「みんなの生活水道修理センター」に相談!

トイレの汚れが原因のつまりは「みんなの生活水道修理センター」に相談!

少しずつ流れるようなトイレつまりは、ぜひ「みんなの生活水道修理センター」へご相談ください。

熟練の経験により、原因不明のトイレのつまりや流れの悪い症状にも、的確に対応できます。

排水管の高圧洗浄や配管の交換など、高度な技術や資格を必要とする作業もお任せいただけます!

お見積りは完全無料なので、お困りの際は遠慮なくご相談ください。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積もりはこちら!

>>>トイレつまりなど緊急時にはお電話(0120-498-025)でご連絡ください!

FAQ トイレつまりで水位が低い時のよくある質問

  • Qトイレの水位が低いのはトイレつまりが原因でしょうか?

    確かにトイレの水位が低くなる原因の1つにトイレつまりがあげられます。トイレットペーパーや異物などがつまることで、水の流れが悪くなり水位が下がります。必ずしもトイレつまりが原因とは限りませんが、ケースとしては多いのでまずはつまりを疑って改善策を講じるのがよいでしょう。

  • Qトイレつまりで水位が低い時、自分で直す方法は?

    トイレつまりで水位が低い時は、ラバーカップ(スッポン)を使って水を引っ張り上げたり、お湯や水を流し込んだりすることで、つまりを解消できる場合があります。ラバーカップは身近な場所で安価で購入できるアイテムですので、まずは試してみることをおすすめします。

  • Qトイレつまり以外で水位が低くなる原因は?

    トイレつまり以外でも、便器の破損による水漏れ、封水の蒸発、トイレタンクから流れる水量の減少、補助水管の不具合などが原因で水位が低くなることがあります。原因がはっきりしない場合は、ひとつひとつ確認していくことが大切です。水道修理業者に相談すれば、水位が低くなる原因をすぐに突き止め、解消してくれるでしょう。

  • Q自分で直せない場合はどうすればいい?

    トイレつまりや水位低下が自分で直せない場合は、早めに専門の修理業者に依頼することをおすすめします。放置すると状況が悪化し、修理費用が高くなる可能性があります。とくに排水管の奥に汚れが蓄積している場合や排水管が破損している場合には、自力での解消がむずかしいケースも多いです。漏水トラブルにつながる前に、できるだけ早めの相談がおすすめです。

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/