原因不明のトイレつまりが発生!原因の見極め方&対処法を徹底解説

原因不明のトイレつまりが発生!原因の見極め方&対処法を徹底解説
2024/05/13

本記事では、原因不明のトイレつまりが起きた場合の対処法とともに、原因の見極め方を解説します。

原因不明のままでトイレつまりに対処するのは、自分で無理に対応するのは危険かもしれません。

対処法に迷う場合は、無理をせず水道修理業者への依頼を検討しましょう。

プロの水道修理業者であれば、原因を突き止めてから適切な対処をしてくれるはずです。

原因不明のトイレつまりにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

原因不明のトイレつまりが起きた際にするべき行動

原因不明のトイレつまりが起きた際にするべき行動

トイレつまりの原因が分からないときは、以下のような行動をとりましょう。

  • 便器内の状態を確認する
  • 異音の有無をチェックする
  • 異物の有無を確認する
  • 無理に流さない

 

それぞれの内容を詳しく解説します。

便器内の状態を確認する

便器内を確認して水位やつまりの有無を確認します。

水位が高かったり、低かったりするときはトイレつまりを疑いましょう。

水位が上がって下がるようなときは、一部の水が流れているため、自分でもつまりを解消できる場合があります。

ただし、全く流れないような酷いつまりの場合は、業者への依頼を考えてください。

便器内の状態をチェックすると、つまりの程度や原因をある程度把握できるので、原因を探ってみましょう。

異音の有無をチェックする

原因不明のトイレつまりのときは、変な音がしないかチェックすることも大切です。

トイレからおかしな音が出ているときは故障やつまりのサインなので、音の種類や音が出ている場所を確認します。

「コポコポ」「ゴポゴポ」などと音がするときは、排管つまりを疑いましょう。

トイレの異音については、以下の記事で解説しています。

異物の有無を確認する

何か異物を落とした覚えがある場合は、便器内の見える場所に異物や固形物がないかチェックします。

奥まで流れている場合は自力で取るのは難しいため、専門の水道修理業者へ依頼しましょう。

見える範囲に固形物がある場合は、ゴム手袋などをして取り除きます。

その際、排水管や便器などを傷つけないように注意してください。

取り除いても効果が全くないときは、別に原因がある可能性があります。

無理に流さない

トイレつまりを起こしていると、何度もレバーを引いて水を流してしまいがちです。

無理に流すと状態を悪化することにつながります。

また、流せなかった水が溢れ出すこともあり、修理費用が余計にかかる場合もあります。

そのため、原因が分からないときは無理をせず、原因を探ってください。

どうしても原因が分からないときは自分で対処せず、専門の修理業者に相談するのがおすすめです。

 

原因不明のトイレつまりが起きた際に考えられること

原因不明のトイレつまりが起きた際に考えられること

原因の分からないトイレつまりが起きたときに、考えられることは以下の通りです。

  • 排水管の奥に異物がある
  • 尿石が固まっている
  • 排水管に劣化が見られる
  • 排水管の勾配に問題がある
  • 便器自体が破損している

 

固形物や尿石でトイレつまり以外に、便器本体が破損・故障しているケースもあります。

ここでは、詳しい内容を解説します。

排水管の奥に異物がある

便器の中に固形物が見えず、トイレがつまっている際は便器の奥に何かがつまっている可能性も。

排水管の奥に何かあるとわかるときは、無理をしないでください。

ラバーカップを使うと、より奥に流れてしまう場合もあります。

また、異物の形によって、引き抜く際に便器内を傷つけたり、配管を傷めたりするケースもあるので、十分注意しましょう。

尿石が固まっている

意外と多いのが、尿石によるつまりです。

尿石は時間の経過とともに溜まっていくもので、汚れたまま放置し続けるとトイレつまりを起こします。

尿石の汚れは酸性の洗剤で落とせるので、つまりを引き起こす前に掃除してください。

尿石の掃除については、以下の記事でも詳しく解説しています。

排水管に劣化が見られる

トイレつまりは固形物や排泄物、紙類によって起こるものだけではありません。

排水管の劣化によって水の流れが悪化し、つまりを起こすケースも多々あります。

この場合は、排水管の交換や修理が必要です。

自分での対処はできない場合がほとんどなので、プロの修理業者に相談しましょう。

排水管の勾配に問題がある

排水管の勾配に問題があると、原因不明のトイレつまりを起こす場合があります。

固形物やトイレットペーパー、排水管の劣化などがない場合は、設置不良による勾配の問題を疑いましょう。

排水管の勾配が浅いと水が流れにくくなり、つまりが発生してしまいます。

勾配の調整は自分で行えないため、プロの業者への相談がおすすめです。

便器自体が破損している

便器自体が破損していると、つまりや水漏れを起こすことも少なくありません。

目で見える場所に割れや欠けがあったり、ガタガタと揺れたりするような場合は、便器の故障を疑いましょう。

劣化や破損が酷いときは、便器の交換が必要です。

便器の交換に対応している水道修理業者も多数あるので、まずは相談してみてください。

 

原因不明のトイレつまりが起きた際のNG行為

原因不明のトイレつまりが起きた際のNG行為

原因不明のトイレつまりが起きた場合、以下のような行為を取るのはNGです。

  • 何度も繰り返し流す
  • ラバーカップでを使用してしまう
  • ワイヤーブラシを使う
  • 放置する

 

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

何度も繰り返し流す

トイレつまりが起きているときには、水で押し流したくなるかもしれませんが厳禁です。

水を流すとつまりの原因となっている異物が奥に入り込み、流れ切らなかった水が便器から溢れ出す可能性があります。

ここまで来ると、業者に依頼した場合の費用も高額になりやすく、注意が必要です。

トイレットペーパーによるつまりと断定できるなら、時間をおいて流すことで解決できる可能性もあります。

しかし、原因不明の場合は無理に対処すると、悪化する場合も多々あります。

ラバーカップでを使用してしまう

原因不明のトイレつまりが発生しているときは、ラバーカップの使用は避けましょう。

トイレットペーパーや汚物によるトイレつまりには有効ですが、異物のつまりには逆効果です。

つまりが奥へと入り込み、取れなくなるケースも少なくありません。

そのため、原因が分からないときは便器内の様子や音などを確認しながら、対処してください。

ワイヤーブラシを使う

ワイヤーブラシによる対処も避けた方が無難です。

トイレットペーパーが原因である場合には、ワイヤーブラシによってほぐせば、つまりが解消できることも。

しかし、異物や配管の劣化が原因の場合は、状態を悪化させます。

原因不明の場合は自己判断で修理・対応をしようとせず、プロの修理業者に依頼するのがおすすめです。

放置する

トイレつまりが起こった際にありがちなのが、放置することです。

「時間が経てば直るだろう」「後で流してみよう」などと考えて放置すると、状態が悪化する可能性があります。

例えば、トイレットペーパーによるトイレつまりだと分かっている場合は、時間をおいて流すことで解決できる場合もあります。

しかし、原因が分からないのであれば話は別です。

原因不明のトイレつまりを起こしているときは、放置せず早めの対処を心掛けましょう。

 

原因不明のトイレつまりは水道修理業者への依頼がおすすめ

原因不明のトイレつまりは水道修理業者への依頼がおすすめ

原因不明のトイレつまりは、水道修理業者への依頼がおすすめです。

ここでは、修理業者ができることや依頼のメリット、依頼する場合の費用相場を解説します。

修理業者ができること

水道修理業者に依頼すると、ファイバースコープを使った原因の特定が可能です。

ファイバースコープ調査とは、細いカメラ付きのケーブルを排水管や便器内部に挿入し、内部を直接映像で確認する調査方法を指します。

「何がつまっているか」「排水管は劣化していないか」などをチェックできる便利な調査方法です。

ファイバースコープ調査を行えば、原因を特定した上で適切な対処を行えます。

業者に依頼するメリット

水道修理業者に依頼するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 原因を特定してくれる
  • 適切な対処をしてくれる
  • 失敗・悪化のリスクが少ない
  • アフターサービスが受けられる
  • 短時間で解決する

 

まず、水道修理業者であれば、原因を突き止めた上で適切な修理を施してくれます。

高い技術や専門知識を保有しているため、失敗や悪化のリスクもほとんどなく、安心して任せられるのもメリットです。

また、再発した場合のアフターサービスが設けられていたり、問い合わせから最短数十分で駆けつけてくれたりする業者も多々います。

短時間で確実に解決したいのであれば、水道修理業者への依頼がおすすめです。

修理業者に依頼する場合の費用相場

トイレつまりの費用相場は、以下の通りです。

トイレつまり修理内容 作業代相場
軽度のトイレつまり解消作業 5,000円~
専用器具を使ったトイレつまり解消作業 7,000円~
便器を取り外したトイレつまり解消作業 10,000円~30,000円
配管の清掃作業 7,000円~15,000円

軽度なつまりであれば、5,000円程度と安価な費用で済む場合もあります。

ファイバースコープによる調査を行う場合は、別途で費用が発生するため、必ず事前に問い合わせましょう。

つまりが悪化すると費用が高額になるケースもあるので、早めの相談がおすすめです。

 

原因不明のトイレつまりを起こさないための対策

原因不明のトイレつまりを起こさないための対策

原因不明のトイレつまりを起こさないための対策としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 紙類・生ゴミ・油などを流さない
  2. トイレットペーパーを多量に流さない
  3. 節水はほどほどにする
  4. 尿石掃除をこまめに行う
  5. 定期的な掃除やメンテナンスをする

 

基本の掃除を行うほか、メンテナンスや尿石掃除をするのも有効な手段の1つです。

それぞれの内容を詳しく解説します。

紙類・生ゴミ・油などを流さない

トイレには、トイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。

ティッシュや生理用品はトイレットペーパーと同じ紙製品ですが、水には溶けません。

誤って流すとトイレつまりが起きることも多いです。

また、生ゴミや油なども流さないように注意してください。

トイレットペーパーを多量に流さない

トイレに流せる紙類は、トイレットペーパーのみです。

しかし、一度に多くのトイレットペーパーを流せば、トイレつまりが起きることもあります。

ウォシュレットを活用するなど、トイレットペーパーを多く使わない方法を検討しましょう。

また、どうしても多めに使いたいときは、複数回に分けて流すようにしてください。。

節水はほどほどにする

トイレの中には、節水機能が付いているものも多々ありますが、節水はほどほどにしましょう。

流す際に使用する水を減らしすぎると、トイレットペーパーや排泄物が流れず、トイレつまりを起こします。

ペットボトルを使った節水方法っもNG。

流す際に使用する水が一定量より減らないように注意してください。

尿石掃除をこまめに行う

トイレつまりの原因の1つに「尿石」があるため、尿石掃除をこまめに行うのも1つの手です。

サンポールなどの酸性洗剤を使用し、ブラシでこすり洗いをすると尿石を効率よく落とせます。

週に1回程度、洗剤をまくだけでも違うので、時間のあるときに試してみましょう。

定期的な掃除やメンテナンスをする

トイレつまりに限らず、トイレトラブル全般を防ぐためには、定期的な掃除やメンテナンスが必要です。

掃除やメンテナンスを行うと異常も早く見つけられるので、軽度な段階で修理を依頼できます。

毎日の掃除やお手入れに加え、月に1回など定期的なメンテナンスを行いましょう。

水道修理業者の中には、メンテナンスの依頼を受け付けているところもあります。

自分でのメンテナンスが難しい場合は、あわせてチェックしてみてください。

 

原因不明のトイレつまりは「みんなの生活水道修理センター」へ相談

原因不明のトイレつまりは「みんなの生活水道修理センター」へ相談

今回は、原因不明のトイレつまりが起きた場合の原因の見極め方や対処法、つまりを引き起こさないためのポイントなどを詳しく紹介しました。

原因不明のトイレつまりは、「みんなの生活水道修理センター」への相談がおすすめです。

年間10,000件を超える対応実績があり、エリア内であれば最短30分で駆けつけてくれます。

出張費用や見積もりは無料なため、ぜひ気軽にお問い合わせください。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積もりはこちら!

>>>トイレつまりなど緊急時にはお電話(0120-498-025)でご連絡ください!

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/