ブログ
BLOG

賃貸物件のトイレつまり費用負担の基準を解説|解消までの5ステップ

賃貸物件のトイレつまり費用負担の基準を解説|解消までの5ステップ
2022/02/17
2022/03/09

この記事は、賃貸物件の費用負担の基準やトイレつまり解消までの手順を詳しく解説する内容です。さらに、自分で修理する方法や修理業者に依頼するメリットも紹介します。

賃貸物件は原状回復義務があるので自己負担の場合、間違った修理方法で破損・故障させると高額な修理費用がかかることも。

リスクを避けるため、記事を参考に管理会社に確認、業者への依頼をおこなうと、トラブルなくトイレつまりを解消できるのでぜひ最後までご覧ください。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

【賃貸物件のトイレつまり】修理負担は原因による

伊勢原市のトイレつまり修理業者料金相場

賃貸物件のトイレつまりの修理負担は、原因や契約内容で異なります。基本的には劣化や設備不良が原因以外は自己負担となることが多いでしょう。

ここでは、管理会社や大家さんが負担する場合と、自己負担になる場合の詳細を解説していきます。

管理会社・大家さんが負担する場合

賃貸物件のトイレは、劣化や自室以外の共有部が原因の場合は、管理会社・大家さんが負担してくれる場合がほとんどです。

とはいえ、トイレつまりの場合は原因が設備にあるのか曖昧なこともあります。できるだけ原因を明確にしてもらえるよう修理業者に伝えておきましょう。

また、自己負担の場合でも火災保険が適応されるケースや、賃貸契約時に付けた24時間サポートなどで修理できるケースもあるので、まずは確認してください。

  • 設備の故障が原因の場合
  • 配管の劣化など建物の老朽化が原因の場合
  • 共有部分が原因でのつまり(自室から離れた配管のつまりなど)

 

入居者が負担する場合

故意や過失でトイレをつまらせた場合は入居者負担になります。

そのため、トイレ内に物を落としたり、お掃除シートや大量のペーパーを流さないよう注意が必要です。

費用負担を避けるためには、トイレつまりの原因になる要素を極力排除しておきましょう。

また、賃貸借契約書に「小修繕は賃借人負担」の特約がある場合は、小規模な修繕(たとえば電球交換やふすまの張替えなど)は賃借人負担になると考えられます。

  • 異物や固形物を落とした場合
  • 大量のトイレットペーパーを流した場合
  • タンク内にペットボトルを入れるなど節水対策が原因の場合
  • 専有部分でのつまり
  • 賃貸借契約書に「少修繕は貸借人負担」と記載がある場合

 

以上のように、責任の所在は「便器内やすぐ下の配管などの専有部分」「自室から離れた共有部分」かにもよりますが、原因箇所が突き止められないケースもあります。

その場合は管理会社や大家さん次第になるので、支払いに納得できない場合は交渉となります。

また水漏れがある場合は、階下に被害が及び賠償責任になる恐れがあるので、すぐに業者へ依頼してください。

もし自己負担になれば、実際の費用が気になるところです。

次項で具体的な修理費用の相場を紹介するので、続けてご覧ください。

賃貸物件のトイレつまり修理相場

では、実際に負担する場合の修理費用を見ていきましょう。

ここでは「作業内容別」の費用相場と、修理作業以外に必要な「諸経費・その他費用」の相場を解説します。

相場を知ることで見積もり金額を正しく判断できるので、損をしないためにも参考にしてください。

作業内容別の費用相場

同じ作業内容でも金額の幅が広いのは「マンションや戸建てなどの環境」「トイレ内の配管などの状態」により難易度が異なるからです。

そのため、あくまでも目安として参考にしていただき、費用に疑問がある場合は修理業者に価格の理由を説明してもらいましょう。

軽度なつまり(専用器具・薬剤なし} 3,500円〜5,000円
薬剤師用
(尿石溶解剤・配管洗浄消臭剤など)
上記作業
+3,000円〜8,800円
ローポンプ使用※1 6,500円〜13,000円
トーラー使用※2 7,000円〜30,000円
高圧洗浄機使用 8,000円〜50,000円
便器の脱着作業 10,000円〜40,000円

 

※1:ローポンプとはつまりを解消する専用ポンプ。ラバーカップの5倍程度の圧力がある

※2:トーラーとはワイヤーの先端にブラシが付いた、配管内の汚れ・つまりを解消する道具

 

諸経費・その他費用別の費用相場

諸経費・その他費用は業者により無料の項目もあります。修理費用を安く抑えるためには、できるだけ無料項目の多い業者が良いでしょう。

基本料金 3,000円〜8,800円
出張費 3,000円〜4,000円
見積もり費用・点検費用 無料または業者により発生
キャンセル料 無料または業者により発生
作業費用 2,000円〜5,000円
早朝・深夜料金 2,000円〜5,000円

 

以上がトイレつまり修理の費用相場です。

次項では、実際に賃貸物件でトイレつまりが起きたときに解消する手順を紹介します。

手順どおりに進めると、迷わず最短でトイレつまりを解消できる必見の内容になっています。

賃貸物件のトイレつまり解消の5ステップ

賃貸物件のトイレつまりは、持ち家と違い慎重に解消までのステップを踏む必要があります。

なぜなら、間違った方法で二次被害を起こしたり、無駄な出費に繋がったりする可能性があるからです。

解説する5ステップを順番に進めば問題なくトイレつまりを解決できるので、ぜひご参考ください。

ステップ①:止水栓を締めウォシュレットのコンセントを抜く

止水栓を締める理由は、誤って水を流し溢れる恐れがあるからです。また、コンセントは感電を防止する目的で抜いておきます。

他には、修理中の汚水飛び散り防止にビニールや新聞紙などで養生しておくと、修理後の清掃がラクになるでしょう。

ステップ②:原因を確認して自分で修理できるか判断する

つまりの原因により対処の仕方が違います。

なので、まずはトイレ内の設備や置物、自分の持ち物をみて、便器に落としていないか確認しましょう。

もしスマートフォンなどの固形物を落とした場合は、便器や配管の破損に繋がるので扱ってはいけません。すぐに修理業者に依頼してください。

そして、つまりの原因が便やトイレットペーパーなら、お湯(50°程度)やラバーカップを使用してみます。(次項の「賃貸物件のトイレつまりを自分で治す方法」で詳しく解説)

注意点は、症状の悪化を招き費用が高額になる可能性があるので無理をしないことです。

つまりが解消しない場合はステップ③に進みましょう。

ステップ③:直せない場合は管理会社へ連絡する

つまりが直らない場合は、管理会社に連絡し症状や原因を説明していきます。

連絡前に賃貸借契約書をみて小修繕の記載を確認しておくと良いでしょう。そして、管理会社が業者に依頼する場合と、自分で業者に依頼する場合があります。

もし管理会社が依頼する場合は、業者名や出張費・見積もり費の有無を事前に確認してもらう方が安心です。

諸経費に多くの費用がかかるなら、自分で業者に依頼してもよいか交渉してみましょう。

また入居者負担が確実な場合は、自分で業者へ依頼した方が早くトイレつまりを解消できます。

ステップ④:修理業者に見積もりを出してもらう

自己負担の場合で、見積もりが相場より高額な場合は断るのもありです。他に安く修理できる業者を探しましょう。

納得できる業者がみつかれば、作業前にトイレつまりの原因を特定して欲しいことを伝えます。

もし設備や共有部が原因だと発覚したときは、その時点で管理会社へ連絡して費用負担をお願いしましょう。

ステップ⑤:修理業者に原因や対策などを聞いて再発を防止する

トイレつまりが解消できても安心してはいけません。

トイレつまりは再発することがあるので、自宅トイレの特性や対策方法を聞いておくと、再発により出費が重なる事態を防げます。

 

以上の流れでスムーズに賃貸物件のトイレつまりを解消できます。

しかし中には「費用を負担したくない」「自宅に業者を入れたくない」という方もいるでしょう。

次項の「賃貸物件のトイレつまりを自分で修理する方法」を参考にすれば、費用をかけずにトイレつまりを解消できるかもしれません。

賃貸物件のトイレつまりを自分で修理する方法

嘔吐がトイレつまりの原因に?対処法を徹底解説

トイレつまりを自分で直せるメリットは、なにより費用がかからないことです。とはいえ、賃貸物件のトイレを破損させるとかえって高くつくので無理は禁物。

自分で修理したい方は、ここで紹介する安全性の高い方法を試してみてください。

また修理前は止水栓を締め、ウォシュレットの場合はコンセントを抜くのを忘れないようにしましょう。

ラバーカップを使う

ラバーカップでのトイレつまりの修理

ラバーカップとはカップの空気を押し出した後に、引き戻す吸引力でつまりを解消するアイテムです。

使い方

  1. ラバーカップと排水口をよく密着させて、隙間のない状態にする
  2. まっすぐに押し込み、勢いよく引く
  3. 数回試してバケツで水を流して直ったかチェックする

注意点

  • 汚水が飛び散るので便器にビニールやラップをかけ手袋をつける
  • 固形物が原因の場合は便器や配管の破損につながる
  • 数回試して直らなければ無理はしない

また、ラバーカップがない場合にはビニール袋で代用もできます。

拳に丈夫なビニールを数枚巻きつけて手首を輪ゴムなどで止めます。

そして、拳を握ったまま排水口に隙間なく入れて出し入れすると、水圧の変化でトイレつまりが解消できます。

少し勇気のいる方法ですが、ラバーカップが無い方は試して見る価値はあるでしょう。

 

お湯や重曹・クエン酸を使う

クエン酸と重曹を使うトイレつまりの修理

お湯や重曹・クエン酸を使うと、便や紙類を流れやすい状態にできます。

手順

  1. 便器の水量を少なくする
  2. 重曹(50ml)→クエン酸(100ml)の順に便器へ流す
  3. 炭酸ガスで十分に泡立ったら40〜60°のお湯を高い位置から排水口に向けて流す
  4. 一時間ほど放置し、つまりが解消されたかバケツで水を流し確認

注意点

  • 熱湯は便器が割れるのでNG
  • 固形物やお湯で変化がないものは効果がない

お湯しかない場合は「手順2」を省いてください。また、クエン酸の代わりにお酢でも代用可能です。

針金ハンガーを使う

針金の先端を輪っか状に変形させて物理的につまりを解消する方法です。切ったり曲げたりする必要があるので、ペンチを準備してください。

使い方

  • 排水口の奥へスムーズに入る形に加工する
  • ハンガーを差し込みつまりのある箇所まで入れる
  • つまりに当たったら力を入れすぎず小刻みに動かす
  • 解消されたようならバケツで水を流してみる

注意点

  • 力を入れすぎると便器の破損や症状の悪化に繋がる
  • 排水口の中で折れないように状態の良いハンガーを使う

 

以上のような方法を試してみましょう。

直れば費用もかからず良いことづくめですが、それなりの時間が必要で直る保証もありません。

面倒な方や時間を無駄にしたくない方は、初めから業者への依頼がおすすめです。

また、試して解消されない場合もすぐにプロの修理業者に依頼してください。なぜなら次項で紹介するようなメリットがあるからです。

 

賃貸物件のトイレつまりを業者に依頼するメリット

賃貸物件のトイレは、自分で故障させると原状回復の義務があるので慎重に扱う必要があります。つまり、自分で修理するのはリスクがともなう行為ということです。

修理業者に依頼するとそのリスクが無くなる上に、以下のようなメリットがあるので参考にしてみてください。

安心の補償制度でリスクがない

優良業者は必ず補償制度をつけています。なぜなら、トイレの状況次第で修理中のトラブルが一定確率で起こるからです。

なので、顧客満足度を真剣に考える業者は補償制度の充実した業者がほとんど。

特に信頼できる業者は、作業中のトラブルに補償する「損害賠償補償」と、作業後のトラブルを保証する「無料修理保証」に対応しています。

つまりの原因やその他不具合もみてくれる

技術力のある業者はしっかりとつまりの原因を調査し、その過程で不具合のある箇所があると知らせてくれます。

修理した方が良いところをまとめて直してくれるので、効率よく費用も割安です。

また、技術力の高い業者の特徴は「自社スタッフのみで対応」している業者です。

他社と人材を共有している業者もいますが、品質にばらつきが出るのでおすすめできません。

このように、トイレの点検という意味でも業者に依頼するメリットがあります。

最短即日で修理できる

プロの業者は即日対応ができ訪問スピードが早いのが特徴です。そのため、トイレつまりをすぐに直せるのがメリット。

トイレは生活に必須の設備なので、業者に依頼して早く・確実に修理する方が安心できます。

以上のように、修理業者に依頼すると時間効率がよく最短でトイレつまりを解消できるのがメリットです。

賃貸物件のトイレつまりはみんなの生活水道修理センターへ!

https://minsui-center.com/

みんなの生活水道修理センターは、年間10,000万件以上の修理を手掛ける技術力の高い修理業者です。

さらに「お客様満足度95.3%」「リピーター率93.8%」の高い実績も魅力。

さらに修理費用は、WEB割りキャンペーンの適用で「作業料が1,000円+部品代」でトイレつまりを修理できます。

ここからは、賃貸物件のトイレつまりをみんなの生活水道修理センターで修理するメリットを紹介します。

最短30分で訪問!即日修理に対応

みんなの生活水道修理センターは、問い合わせから最短30分で訪問するのでトイレが使えない不安を最短で解消できます。

トイレつまりは放置すると症状の悪化に繋がるので早めの対応が重要。賃貸物件のトイレつまりで不安な方は、ぜひ無料の出張見積もりをご利用ください。

2つの補償制度で安心修理

みんなの生活水道修理センターには、安心の補償制度が2つあります。

  1. 修理中の故障や破損に対応する「損害賠償補償制度」
  2. 修理後に再発した場合に対応する「無料保証制度」

このように充実した補償制度により、不安なく修理作業を任せられます。

賃貸物件の修理でトラブル対応してもらえない場合、高額な原状回復費が必要なので、補償制度のあるみんなの生活水道修理センターにぜひお任せください。

技術力のある自社スタッフのみが訪問

みんなの生活水道修理センターの派遣するスタッフは「全て研修を受けた自社スタッフのみ」です。

技術力のないスタッフは現場に出られないため安心して依頼できます。

また多くの修理実績により、どのようなトイレつまりでも解消できるので、不安なことがあれば気軽に相談してください。

賃貸物件のトイレつまりは無理をせず業者への依頼が確実

賃貸物件のトイレつまりを自分で修理するのは、リスクが大きいためおすすめできません。

管理会社が負担してくれない場合でも、すぐにプロの業者へ依頼した方が確実に修理できます。

もし「業者は費用が高そう」「良い業者を知らない」という方は、みんなの生活水道修理センターにご相談ください。

予算内で最適な修理方法を提案いたします。

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。

詳細をみる

東京・神奈川エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
 東京・神奈川エリア対応

最短30ですぐに駆けつけ!
お見積
無料
24時間・365⽇対応/出張見積無料
0120-991-434