トイレつまりなどの急な水道トラブルはみんなの生活水道修理センターへ!

トイレつまりにはデオライトLが効果的?有効な症状や正しい使い方を解説

トイレつまりにはデオライトLが効果的?有効な症状や正しい使い方を解説
2024/06/13

本記事ではデオライトLを使ったトイレつまり解消法を紹介します。

デオライトLの特徴やどのようなトイレつまりに有効なのか、正しい使い方なども踏まえながらわかりやすく解説しています。デオライトLでは解決できない場合の対処法などについてもお伝えしていますのでぜひ参考にして下さい。

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

デオライトLが効果的なトイレつまりの症状

デオライトLが効果的なトイレつまりの症状

デオライトは主に尿石が原因で発生する、トイレの汚れやつまりの除去を得意とする洗浄剤です。具体的にどのようなケースで効果を発揮するのか、トイレつまりの症状例について解説します。

尿石によるつまりに高い効果を発揮

デオライトLは尿石の主成分であるカルシウムスケールに素早く反応し、溶解・除去する強力な酸性の洗浄剤です。

トイレの便器内は定期的な清掃をしていても尿石が蓄積し、排水管内部のつまりや悪臭の原因となります。デオライトLを使用することで、頑固な尿石によるつまりを効果的に解消できるのです。

特に男性用小便器の尿石づまりに高い効果を発揮します。

排水管内に付着した尿石除去にも有効

長年使用しているうち、トイレの排水管内には経年によって蓄積された尿石などが溜まってしまいます。デオライトLはこのような排水管内に付着した尿石を除去するためにも有効です。

一度に一気に除去するのは難しいですが、定期的な使用で尿石の付着を防ぎ、トイレを衛生的に保つのに役立つでしょう。

トイレの悪臭や黄ばみの除去

デオライトLは酸性の洗浄剤です。酸性の洗浄剤は、尿石のほか黄ばみなどのアルカリ性の汚れを落とすのを得意としています。黄ばみが元となっている頑固な黒ずみ汚れなども、デオライトLを使えば簡単にきれいに落とせてしまうのです。

尿石や黄ばみを取り除くことにより、トイレの悪臭やアンモニア臭などを取り除くこともできます。デオライトは緊急時だけでなく、日常的なトイレ掃除の洗浄剤としても使えるのです。

デオライトLが効果を発揮しにくいつまりの種類

デオライトLが効果を発揮しにくいつまりの種類

デオライトLは強力なトイレ用洗浄剤ですが、必ずしもすべてのトイレつまりに有効というわけではありません。たとえば以下のケースなどの場合、デオライトLでは思うようにつまりを取り除けない場合が多いです。

これらの原因によるトイレつまりでは、デオライトL以外の方法を試してみることをおすすめします。

トイレットペーパーや異物が原因のつまり

デオライトLは酸性の薬剤で、尿石を溶かす作用があります。

しかし、トイレットペーパーや異物などは十分に溶かすことができません。トイレットペーパーや異物が原因のつまりに対しては、十分な効果が期待できない場合があります。

また油汚れや蓄積したヘドロ汚れに対しても、思うような効果が得られません。尿石以外でのつまりの場合は、ほかの手段を用いたほうが効果的です。

排水管の奥深くで発生したつまり

デオライトLは便器内や排水管の近くに直接投入して使用します。そのため、排水の奥深くで発生したつまりに対しては、デオライトLの液体が到達しにくくなってしまいます。

結果として、排水管の奥の方のつまりに対しては、効果が限定的になることがあります。

デオライトLの正しい使い方

デオライトLの使い方はとても簡単です。

大まかな使い方の手順や流れは以下のとおりです。

  1. 便器内の汚水をできるだけくみ出し、トイレの元栓を閉める。
  2. 便器の目皿を外し、デオライトLに5分ほど浸してからブラシで磨く。(※小便器に使用する場合)
  3. 便器内にデオライトLを250ml程度流し込み、15分ほど反応させる。
  4. 反応後、アルカリ剤を使って水を中和する。
  5. 水栓レバーで流すか、ポリバケツ1杯分の水を流して洗い流す。
  6. つまりがひどい場合は繰り返し行う。

では、上記の手順に沿って、もう少し詳しく説明していきましょう。

デオライトLを使う前の準備

デオライトLを使ってトイレのつまりを解消する前に、まずは必要な道具を揃えましょう。

以下は、作業に必須のアイテムです。

  • ゴム手袋
  • 保護メガネ
  • マスク
  • バケツ
  • 給油ポンプ

デオライトLは強力な酸性洗浄剤なので、皮膚や目に触れると危険です。ゴム手袋で手を保護し、保護メガネで目を守り、マスクで有害なガスなどを吸い込まないように対策するようにします。

また換気のために窓を開けておくことも大切です。念のためトイレの説明書を確認し、デオライトLの使用に適しているかチェックしましょう。事前の準備をし、安全に配慮しながらデオライトLを使用することが大切です。

適切な使用量と計測方法

デオライトLの1回あたりの標準的な使用量は約250mlです。尿石が多い場合は増量を使用するなど、調節します。

使用量が少なすぎると効果が薄く、多すぎると周囲を傷める恐れがあります。汚れの度合いなどを確認しながら使用しましょう。

デオライトLの投入手順

デオライトLを投入する前に、便器内の汚水を汲み出しておきます。給油ポンプなどを使うと、手を汚さず効率よく汲み出せます。

続けて小便器、または大便器の排水口部分に、デオライトLを250g程度流しいれます。

黄ばみや匂いが気になる場合には、汚れの目立つところへもかけておくと効果的です。

反応時間と効果の確認

デオライトLを投入した後、そのまま15~30分ほど放置します。放置している間に、尿石のアルカリ性とデオライトLの酸性成分が反応し、尿石汚れを分解してくれます。

黒ずみ汚れなどがあった場合には、汚れがはがれて便器内へ浮いている場合もあります。便器内に汚れが目立っていた場合は、ブラシなどで汚れをこすり落としましょう。

デオライトLを使った後の処理

デオライトLを使用した後は、アルカリ剤(同メーカーの「ピーピースカット」など)で中和することが推奨されています。

特に浄化槽など、直接強酸性の水を流すと影響が出るようなケースでは、必ず中和が必要です。浄化槽以外の場合でも、環境保全のために水を中和してから流すようにするのがおすすめです。

尿石除去が目的の場合は、そのまま水栓レバーで水を流して完了です。

ただしトイレつまり解消目的の場合は、水栓レバーを回すとつまりで水があふれてきてしまう恐れがあります。万が一の場合を考慮し、バケツに汲んだ水を排水口へと落とすようにして流しいれて、つまりが抜けているか確認すると安心です。

デオライトLを使用する際の注意点

デオライトLを使用する際の注意点

デオライトLは強力な酸性の洗浄剤であるため、使用時には細心の注意が必要です。

いくつか注意すべき項目がありますので、それぞれ解説します。

大量に流し込まないこと

デオライトLは強力な洗浄力を持つ尿石除去剤ですが、使用量が多すぎると配管を傷める可能性があります。1回の使用量は250ml程度を目安とし、つまりの程度に応じて調整してください。

大量に流し込んでも効果は変わりませんし、逆に配管ダメージのリスクが高まります。少量ずつ丁寧に使うことで、トイレのつまりを効果的に解消しつつ、配管も保護することができるでしょう。

皮膚や目につかないよう注意

デオライトLは強力な酸性の洗浄剤です。皮膚に付着すると、ただれや肌荒れの原因になります。また目に入ると、失明の危険性もあります。使用時は必ずゴム手袋と保護メガネを着用し、皮膚や目に触れないよう細心の注意を払いましょう。

万が一付着した場合は、すぐに大量の水で洗い流し、痛みが続く場合は医師の診断を受けてください。換気にも気をつけ、刺激臭を吸い込み過ぎないようにしましょう。

ほかの薬剤と混ぜるのは禁止

デオライトLは強力な酸性の尿石除去剤です。塩素系漂白剤などのアルカリ性の薬剤と混ぜると、有毒な塩素ガスが発生する危険性があります。

また、アルカリ性の洗剤に限らず、他の酸性洗剤と混ぜても、化学反応により熱や有害なガスが発生するおそれがあります。デオライトLは必ず単独で使用し、他のいかなる洗剤や薬品とも混ぜないようにしましょう。

もしトイレ内に洗剤が残っている場合は、よく水で洗い流してからデオライトLを使用してください。

子供の手の届かない場所へ保管すること

デオライトLは強力な酸性の薬剤であり、誤って飲み込んだり皮膚に付着したりすると大変危険です。特に小さなお子様がいるご家庭では、絶対に手の届かない場所に保管するようにしましょう。

万が一、お子様が誤飲したり皮膚に付着したりした場合は、すぐに大量の水で洗い流し、医師の診断を受けるようにしてください。

デオライトLは便利な洗浄剤ですが、取り扱いには十分注意が必要です。

デオライトLについて

デオライトLについて

デオライトLの商品概要について簡単におさらいしておきましょう。

デオライトLとは

デオライトLは、和協産業から販売されている、酸性の液体タイプの業務用洗浄薬品です。

トイレの尿石やスケールを素早く溶解除去し、頑固なつまりや悪臭を解消するのが特徴。陶器そのものを溶かしてしまうことはないため、家庭用の便器にも安全に使える製品です。

デオライトLは一般の人でも購入可能

デオライトLは強力な洗浄剤ですが、医薬用外劇物に指定されてはいません。

デオライトLはたとえば以下のような場所で誰でも購入できます。

  • ホームセンターの洗剤コーナー
  • Amazonや楽天市場のようなオンラインモール
  • 事業者向け資材のインターネット通販
  • オフィス用品を取り扱うインターネット通販

パッケージには「業務用」とかかれていますが、購入にあたって特別な資格や申請は不要なため、一般の人でも手軽に入手可能です。

デオライトLで効果が薄いと感じた場合の対処法は?

デオライトLで効果が薄いと感じた場合の対処法は?

デオライトLを使用してもトイレのつまりが解消されない場合は、以下のような対処法も試してみましょう。

デオライトLの使用量や反応時間を増やす

つまりがひどいが場合、標準的な使用量(250ml)や反応時間(15分)では効果が不十分な場合があります。使用量を増やしたり、反応時間を長めに取ったりすることで、より強力に尿石を溶解・除去できる可能性があります。

ただし、過剰な使用は避け、必ず説明書の指示に従いましょう。

他の尿石除去剤を試す

デオライトLと同様に強力な尿石除去効果を持つ製品として、デオライトSSやデオライトSPなどがあります。これらの製品は、特に頑固な尿石や排水管の奥の尿石に効果的です。

状況に応じて使い分けるのも一案です。

※デオライトSSやデオライトSPは「医薬用外劇物」に指定されている薬剤です。購入や取り扱いには注意が必要です。

物理的な除去を併用する

ラバーカップやワイヤーブラシなどを使って、尿石を物理的に取り除く作業を併用する方法もあります。デオライトLで尿石を柔らかくした上で、ラバーカップで吸い上げたり、ワイヤーブラシで擦り取ったりすると効果的です。

 

なお、デオライトLは、トイレットペーパーや異物が原因のトイレつまりには効果がありません。そのような場合は、ラバーカップなどを使った物理的な除去が必要です。

状況をよく確認し、適切な対処法を選ぶことが大切です。

デオライトLで解決できない尿石汚れはプロに相談

上記の方法でもつまりが解消されない場合は、トイレつまり解消を専門とするの水道修理業者に依頼することをおすすめします。プロの水道修理業者に相談すれば、専門業者でしか扱えないようなより強力な洗浄剤を用いた処理も可能です。

また高圧洗浄機などの専門機材を使った洗浄など、プロの技術で根本的な問題解決が期待できます。プロによる定期的なメンテナンスやアドバイスなども受けられますので、深刻なトイレつまりにお困りの際は相談してみるとよいでしょう。

デオライトLで解決できないときは「みんなの生活水道修理センター」に相談!

トイレの汚れが原因のつまりは「みんなの生活水道修理センター」に相談!
デオライトLで解決できないトイレつまりは、ぜひみんなの生活水道修理センターへご相談ください。「みんなの生活水道修理センター」では、24時間365日いつでもトイレつまりの修理や相談に駆けつけます。

強力な尿石除去剤の使用や高圧洗浄機、トーラー機など専門機材を使ったトイレつまり除去も可能です。お見積りは完全無料なので、お困りの際は遠慮なくご相談ください。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積もりはこちら!

>>>トイレつまりなど緊急時にはお電話(0120-498-025)でご連絡ください!

FAQ デオライトLによるトイレつまり干渉に関するよくある質問

  • QデオライトLはどんなトイレつまりに効果がありますか?

    デオライトLは尿石が原因で発生したトイレのつまりや排水トラブル、悪臭などを解消するのに効果的な製品です。ただしトイレットペーパーやゴミがつまった場合は、別の方法で除去する必要があります。

  • QデオライトLの使用量はどれくらいが適切ですか?

    デオライトLを使用する際は、トイレの状況に合わせて250ml前後を基準に使用します。適量を見極め、説明書の指示通りに使うのがポイントです。効果が不十分な場合は追加で使用することもありますが、むやみに大量に使うのは避けましょう。適切な分量で効果的に尿石を除去するよう心がけることが大切です。

  • QデオライトLを使うときに必要な安全対策や注意事項はありますか?

    デオライトLは強力な薬品のため、取り扱いには十分な注意が必要です。使用時は十分に換気を行い、ガスなどを吸い込まないよう注意しましょう。また皮膚や目につかないよう、ゴム手袋や保護メガネの着用も必要です。安全対策を講じた上で適切に使用することが大切です。お子さんの手が届かないよう、保管時も注意しましょう。

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/