トイレが凍結して流れない!直し方や水道を凍結させないための対処法

トイレが凍結して流れない!直し方や凍結させないための対処法を紹介
2023/12/15

本記事では、トイレが凍結して流れない場合の直し方とともに、自分で直せないときの対処法を解説します。

また、凍結させないための予防についてもまとめました。

トイレが凍結すると水が流れなくなり、トイレが使えなくなってしまいます。

トイレは毎日使うものなので、1日でも使えなくなると不便に感じる方も多いはずです。

早急に解決したいと考えている方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

 

ここはひとつ、
プロに相談してみてはいかがでしょうか??

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細を見る

凍結したトイレの直し方

凍結したトイレの直し方

トイレが凍結した場合には、以下の方法を試してみましょう。

 

  • トイレの室温を上げる
  • 配管を温める
  • 温水を便器内に流す

 

トイレの水が凍結するのは、基本的に寒さが原因です。

そのため、トイレの室温を上げて凍結した部分を溶かしたり、配管を温めたりすると流れる可能性があります。

また、温水を便器内に流す方法も有効です。

以下で、凍結したトイレを流す方法を詳しく解説します。

 

トイレの室温を上げる

冬場は気温が下がってトイレが寒くなり、トイレが凍結するリスクが高まります。

そのため、凍ってしまったトイレを直すためには、トイレの室温を上げるのが有効です。

脱衣所やトイレ用の小さなヒーターで温めたり、お湯を張った桶を置いたりして室温を高めましょう。

トイレの室内が暖まれば、凍結している部分が溶かされてトイレが流れる可能性があります。

部屋を暖めて溶かす場合は、すぐに凍結が解消されるわけではないため、しばらく様子を見てください。

また、あまりにも気温が低いと室温が上がりにくく、凍結が解消できない可能性もあります。

ヒーターを使う場合は火災やケガにも注意しながら、様子を見て使うのがおすすめです。

 

配管を温める

トイレの凍結は便器内の水が凍ったり、配管内の水が凍ったりすることで起こります。

そのため、便器の根元や水が通る配管部分を直接温め、凍った部分を溶かす方法も有効です。

ドライヤーで温風を当てると、短時間で凍結が解消できる可能性があります。

ただし、ドライヤーを使う場合には高温は避け、低温で温めるようにしてください。

凍った配管を高温で急に温めると、破損や割れのリスクがあります。

ドライヤーが自宅にない場合は、お湯で温めたタオルを配管に巻く方法がおすすめです。

何度かタオルを温め直しながら巻くと、徐々に凍結が解消されていきます。

 

温水を便器内に流す

便器内の水に凍結が見られる場合は温水を流す方法もおすすめです。

トイレに温水を流す際は、40~60℃程度を目安に、熱すぎない温度を意識しましょう。

熱すぎるお湯を一気に流すと、配管や便器を傷める可能性があります。

また、お湯は一気に流さずに少量ずつ、様子を見ながら流してください。

どの方法で凍結を直す場合でも、急に高い温度で溶かそうとすると、配管や便器を傷めてしまいます。

急いで直したいときや、自分で対処できない場合は迷わずプロの業者に依頼しましょう。

凍結したトイレを修理できるおすすめの水道局指定工事店はこちら!

 

トイレが凍結するとどうなる?

トイレが凍結するとどうなる?

トイレが凍結した場合、以下のようなトラブルが起こる可能性があります。

 

  • トイレの水が流れない
  • 排水できずにトイレの水が溢れる

 

トイレ内の水が凍って流れなくなるほか、配管が凍って水が流れなくなり、トイレの水が溢れるリスクもあります。

以下で、それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

 

トイレの水が流れない

便器内の水や配管が凍結している場合は、トイレの水が流れなくなります。

すべてが凍っているわけではなく、一部に凍結が見られるような状態であれば、レバーを引いて水を流すことで凍結が解消できる可能性もあります。

ただし、凍結している範囲が広いと水を流しただけでは、凍結は解消しません。

また、タンク内の水が凍っていたり、レバー付近の結露が凍ったりしていると、レバー自体が動かない場合もあります。

タンクにつながる配管が凍っている場合は、レバーを引いても水が出てきません。

このような場合は、自分で対処するのはなかなか難しいため、無理に直そうとせずに修理を依頼しましょう。

無理に直そうとすると、状態を悪化させるリスクがあります。

 

排水できずにトイレの水が溢れる

便器より下の排水管側が凍結している場合には、排水できずにトイレの水が溢れます。

タンクからは水が流れてくるものの、下水側に水が流れていかないため、便器内にどんどん水が溜まって溢れてしまうのです。

タンクから水が溢れると周囲が汚れ、掃除も大変になってしまいます。

軽微な凍結であれば、一度流してみるのも一つの手ですが、排水管の凍結が疑われる場合には水が溢れることも予想して流さなければなりません。

周囲が水浸しになることを考えると、安易に水を流すことは避けた方が無難です。

「どこが凍結しているか分からない」「自分では対処できない」などとお困りの場合には、トイレのつまりや水漏れの修理に対応している業者に依頼しましょう。

 

トイレを凍結させないための対処法

トイレを凍結させないための対処法

トイレの凍結を避けるためには、予防することが非常に大切です。

トイレの凍結を防ぐための対処法としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 水抜きをする
  • 凍結防止剤を活用する
  • ヒーター付き便座の場合は温度設定を高めにする

 

トイレの凍結は水が凍ることで発生するため、凍結の原因である水を抜く方法が対処法として有効です。

また、凍結防止剤を利用したり、便座の温度設定を高めにしたりすると凍結を防げます。

ここでは、トイレを凍結させないための対処法を詳しく見ていきましょう。

 

水抜きをする

トイレを凍結させたくない場合は、便器内の水を抜いておきましょう。

そもそも、便器内やタンク内に水が入っていなければ凍結はせず、水が凍ることによってトイレが使えなくなる事態を防げます。

寝る際など、長時間トイレを使わないときは水抜きが有効です。

水抜きをする際は、タンク内と便器内の水を抜いてください。

ただし、便器内の水は臭いを防ぐためにあるため、すべて抜かないようにするのがおすすめです。

昼間など、トイレを頻繁に使うときは水抜きはせず、寝る前や長い時間外出する際に水抜きを行ないます。

その際、便器内には少量の水を残しましょう。

 

凍結防止剤を活用する

便器内やタンク内に水を残しまま、凍結を防ぎたい場合には凍結防止剤を使うのがおすすめです。

凍結防止剤とは、0度以下になっても水が凍ることを防ぐアイテムで、トイレ用のものも販売されています。

寝る前などに凍結防止剤を入れておくと、夜中に気温が下がっても水が凍りません。

特に、便器内は臭い防止の観点から水を溜めたままの方が良いため、凍結防止剤を入れておく方法が向いています。

ただし、凍結防止剤は一度トイレを流すと効果がなくなるため、毎日使うとなるとコストがかかるのが難点です。

 

ヒーター付き便座の場合は温度設定を高めにする

ヒーター付きの便座を使用している場合には、温度設定を高めにすることで凍結を防止できるケースがあります。

温度を高めにしておいて、便座のふたを閉めておくと凍結を防止することが可能です。

ただし、便座の温度には上限があるため、それほど高い温度にはならない可能性があります。

フタを閉めると温度が上がりやすく、より高い効果を期待できます。

 

トイレが凍結したら業者に修理を依頼しよう

トイレが凍結したら業者に修理を依頼しよう

トイレが凍結した場合、室内を暖めるなどして直る場合も多くあります。

ただし、急激に温めることで故障したり、自分では直せなかったりするケースもあるため、不安がある場合は修理業者への依頼がおすすめです。

ここでは、安心して依頼できる業者の選び方を紹介します。

 

安心して依頼できる業者の選び方

安心して依頼できる業者を選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

 

  • 水道局指定工事店に認定された業者
  • 見積りや出張費用が無料
  • 対応実績が豊富
  • 夜間や早朝の修理にも対応可能
  • 費用が明確
  • 幅広い修理に対応可能

 

見積もりが無料なほか、夜間や早朝も対応してくれる業者を選ぶのがおすすめです。

また、対応実績が豊富な業者は、しっかりとした知識や技術で適切な修理をしてくれます。

業者への依頼については、費用面で不安がある方も多いため、明確な費用を提示してくれるかどうかも重要です。

さらに、トイレの凍結はもちろん、幅広い修理に対応した業者であれば、凍結以外に原因がある場合でも早急に対処してくれます。

以上のようなポイントを踏まえ、自身が納得して依頼できる業者に相談しましょう。

 

業者に修理を依頼する場合の費用相場

業者に修理を依頼する場合の費用相場は、以下の通りです。

修理内容 修理費用(作業費)相場
パッキン交換・調整作業 6,000円~15,000円
タンク内修理・部品交換 8,000円〜15,000円
タンクの脱着・部品交換 15,000円〜30,000円
ウォシュレット修理・部品交換 15,000円〜25,000円
洋式便器交換 25,000円~50,000円

パッキンの交換や調整作業については、6,000~15,000円と比較的安価な費用で依頼できます。

タンク内の修理やウォシュレットの修理は、やや費用が高額な傾向です。

トイレの凍結については、軽度なものであれば業者に依頼しても安価な費用で済みます。

ただし、自分で無理に対処しようとして状態を悪化させると、費用が高額にあるケースもあり、注意が必要です。

トイレ修理を安価で依頼できる水道修理業者はこちら!

 

トイレ凍結でお悩みの方は「みんなの生活水道修理センター」へ

トイレ凍結でお悩みの方は「みんなの生活水道修理センター」へ
今回は、トイレが凍結する原因や対処法とともに、凍結した場合の直し方を紹介しました。

トイレが完全に凍結した場合、自分で対処するのはなかなか難しいものです。

対処法に困った際には、プロの水道修理業者への依頼を検討しましょう。

みんなの生活水道センターでは、トイレの凍結によるつまりの解消も受け付けています。

また、年間10,000件以上の豊富な対応実績があり、経験豊富な自社スタッフが修理を行います。

見積りや出張は無料で対応しているため、トイレの凍結でお悩みの際には、ぜひ一度「みんなの生活水道修理センター」にご相談ください。

>>>みんなの生活水道修理センターへの無料お見積りはこちら!

>>>トイレつまりや水漏れなど緊急時にはお電話(0120-498-025)でご連絡ください!

今週のNo.1おすすめ優良業者!

みんなの生活水道修理センター

「みんなの生活水道修理センター」は、東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとする地域密着型の水道修理業者で、出張・点検・見積りがすべて無料、見積り金額に納得いただいてからの作業、もちろん追加料金も一切無しなので安心して依頼できます。⇒LINEで気軽に無料相談してみる

詳細をみる

東京・神奈川・埼玉・千葉エリア対応!
24時間・365⽇対応
お見積無料
最短30ですぐに駆けつけます!
最短30ですぐに駆けつけ!/